Recent Search
    Create an account to secretly follow the author.
    Sign Up, Sign In

    InkAntigen

    タイ人 / 落書きなど投稿する / エロ絵とR18も時々する
    https://inkantigen.carrd.co/

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💜 🍵 🍟 💐
    POIPOI 24

    InkAntigen

    ☆quiet follow

    🌱 Steamy version (implied ⚖️🌱)

    A gift from a kind commissioner 💜

    #cytham
    #セノアル
    cenoid

    Tap to full screen (size:800x1132).Repost is prohibited
    💖🍆👏😭🙏🍆🍆🍆🍆😍
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works

    uirou6286

    MAIKING❄️が子供の頃の思い出に浸ってほんのり苦しむ話。題目 『 子ども心を忘れないで 』





    穏やかな風吹く『自由の都』モンド城は今日も晴天である。
    城下では買い物日和であると散財する者もいれば、否、冒険日和であると城門を駆け抜け行く者の姿もあった。平和なモンドの門兵は「暇だ」と大口を開けて欠伸をし、通り抜けていく冒険者へ呑気に手を振って見送っていった。



    そんな昼下がり、勿論中には長閑な日常からはみ出しものにされて仕事に勤しむ者たちもいる。
    西風騎士団の執務室ではガイアが一人、高く積み上げられた書類の塔と向き合って黙々と作業を進めていた。

    「ガイア隊長、失礼します。」

    執務室の扉を軽くノックして入ってきたのは彼の部下の一人だ。
    その手には、また幾枚もの書類の束が握られている。

    「見回りご苦労、報告書はそこに置いておいてくれ。
     ああ、ついでにそこの書類を後でジンの所まで持って行ってくれないか。」

    ガイアは不平不満ひとつ洩らさず、目線は次の書類に向けたまま数時間前に完成した書類の束を指差した。
    彼の肩書きは『騎兵隊長』という事務仕事とはかけ離れた職種であったが、それ以前に『庶務長』を務めていただけあって、書類処理能力の手 5052