Recent Search
    Create an account to secretly follow the author.
    - or -

    星を追うもの

    自己満足で作業工程やラフをUPしようかなぁとか考えてる雑食系腐女子。
    取り扱いジャンルはその時の気分次第になりますฅ⊱*•ω•*⊰ฅ
    完成品は主にツイッター(@hosi69)かpixivにて不定期にUPしてます

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 55

    星を追うもの

    ☆quiet follow

    FEHのショタverなマルス様が可愛いすぎて描いちゃいました。
    数か月ぶりのデジタル絵です_(:3」∠)_

    Tap to full screen (size:600x600).Repost is prohibited
    💙☺👏💞
    Let's send reactions!
    Replies from the creator
    Hide ads with PoiPass!  

    recommended works

    のくたの諸々倉庫

    DONE転生学パロ鍾タル。なんでも許せる方向け。「タルタリヤ、少しいいか」
    「……なあに、先生」
     呼び止められて嫌々振り向く、素行の悪い生徒と生真面目な教師。おそらくそれが、俺たちが周囲から得ている認識だろう。
    「ていうかいつも言ってるけどさ、俺の名前はアヤックスだって。いつまで学園祭のノリ引きずってるわけ?」
    「む、いけなかっただろうか。ならば公子殿、と呼んだ方がいいか?」
    「だからそれは役の名前でしょ、俺の名前忘れたの?」
     窓の外から差し込む光は、とうに夕暮れの色に染まり。帰宅部の俺をいつも引き留め、いつも何かしらの理由で長話に付き合わせてくる彼──鍾離先生の姿を鮮やかに照らす。
    「……忘れたように、見えるか?」
    「な、んで悲しそうなのさ。ごめんごめん、地雷踏んだなら謝るって。
     ……だからその、俺今日は早く帰りたいなーとか……」
    「駄目だ。お前はテストで点を取るくせに、課題の提出状況も授業態度も悪すぎるからな……その分の補習だ、それが嫌なら真面目に授業を受けることだな」
     そうして首根っこを掴まれ、ずるずる引きずられていく俺を、「またやってるよ」と周りは笑いながら見ている。まったく、俺の気も知らないで。
     ──実のところ、 2455