Recent Search
    Create an account to secretly follow the author.
    - or -

    sakuta_skt_

    @sakuta_skt_

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💜 🐺 🐊 🐈
    POIPOI 13

    sakuta_skt_

    ☆quiet follow

    ⚠️ネタバレしかない
    まホすて3章殴り書き
    とりあえずオe

    Tap to full screen (size:4096x2892).Repost is prohibited
    ☺💕☺☺☺☺👏👏👏👏👏👏💕💖
    Let's send reactions!
    Replies from the creator
    Hide ads with PoiPass!  

    sakuta_skt_

    CAN’T MAKEオー晶♂
    昔なにかの番組で、匂いに対して不快感を抱かないことを第1条件としてパートナーを見つけるみたいなことをしてたのを思い出して書き始めたけど、案の定途中で詰まったので供養です
    オー晶♂供養 雨が降って、虹が溶けて、濡れた木の葉から滑り落ちる水滴に動物たちがはしゃぐ頃、魔法舎に帰ってきたシノからも似たような匂いがしていたことがあった。けれど今、眠気の抜けない身体を無造作に動かして手繰り寄せた外套からは、その瑞々しさに舌先が痺れるような、目の奥から視界がじんと揺らいでしまいそうな甘い香りがした。
    「……くそ、ここどこ」
     気怠い、苛立ちの滲む声がする。
    「あっ」
    「は、何、賢者様……?」
     寝起きで乱れた髪からぎょろりと赤い目玉がこちらを睨んで、低い、低い声が重く頭の中を這う。何故オーエンが俺の部屋のベッドで、俺の横で寝ていたのか。彼がどういう理由で、どうやってここへ来たのか。事情を説明しようと口を開いても、既にオーエンはベッドから降りて魔法で髪や衣服を整えていた。彼が小さく呪文を口にすると淡い光がひとつふたつと室内を飛びまわり、やがてそれは雀ほどの大きさの小鳥に形を変えると、俺が持ったままだった外套を預かって彼の肩にそっとかけた。口を挟めそうにない、尖った空気が肌を刺す。
    2590

    recommended works