POIPASS ポイパスで400枚まとめて投稿!

_papipupepo_j

@_papipupepo_j

☆こそフォロ リクエスト おふせ
ポイポイ 14

_papipupepo_j

☆こそフォロ

メンヘラ五と男前恵の話
⚠️小説ではないです。ツイッターでツリーにして呟いてたちょっと長めの妄想をまとめただけです。
⚠️五×セフレのモブ女性の過去の話が冒頭にあります

タップで全画面無断転載禁止
リアクションを送って応援しよう!
ポイパスで広告非表示!  

おすすめ作品

ひらさか

できたジュニフェイ あるモブ女の失恋あまり乗り気ではなかったのに友達に引きずられるようにして連れて行かれたクラブで、私は運命の出会いをした。

彼の名前はフェイス・ビームス。あの『ヒーロー』ブラッド・ビームスの弟にして、このクラブのDJをしている。ひとめぼれだった。
「アハ、みんな集まってくれてありがとう。今日も俺のプレイ楽しんでいってね」
友人曰くフェイス君もお兄さんと同じくヒーローをやっているそうで、HELIOSに入所してからはクラブに来る頻度も減ったため今日会えたのはラッキーらしい。『なかなか会えない』という言葉に後押しされて、普段はこんなこと絶対にしないのに、思い切って休憩中のフェイス君に声をかけた。
「あ、あの!フェイス君!」
「ん?君、見ない顔だね。ここは初めて?」
「はい!フェイス君、すごくかっこよかったです!あの、連絡先交換しませんか?」
「いいよ。はい、これ俺のアドレス。じゃ、楽しんでいってね〜」
そう言うとフェイス君はひらひらと手を振ってまたDJブースの方に向かっていった。

それ以来私はフェイス君行きつけのクラブの常連になった。友人の言う通り毎回フェイス君に会えるわけではなかったけど何度も足を運ぶう2658 文字