POIPASS ポイパスでもらった絵文字解析!

pepeco

@pepeyama
進捗やらくがきの倉庫です
しばらくはfgo(オベロン/オベぐだ/躍動など)が中心になると思います

☆こそフォロ リクエスト おふせ
ポイポイ 35

pepeco

☆こそフォロ

タップで全画面(原寸:577x991)無断転載禁止
リアクションを送って応援しよう!
ポイパスで広告非表示!  

おすすめ作品

みずえ/tokoyme

できた現代AUオジウエと正さんの話。なんだか萌え要素がないのですが、気に入ってるので投稿します。アクアリウム


水族館のチケットは明日で期限切れになる。私は誰も誘う相手がいなかった。妻を誘えばいいだろうが、私達の関係はだいぶ冷えていて、お互いに距離を推し量っているような状態だった。その雪解けの修復は、しばらくできないだろう。それだけ二人の間には、氷の崖のような溝ができていて、その埋める作業は今の私には難しかった。それを作業と思う事自体が、妻にとって一番辛い筈だ。

私は水族館へ義兄を誘った。電話をしてその旨を伝えたら、義兄は余程驚いた。何故私と、という言葉を何回か口にした。私も何故義兄を誘っているのか、言葉にしてもよく飲み込めなかった。理由がなくてはいけませんか、と私が少し慎重な声で話すと、義兄はそこから何かを読み取ったのか、了解したと返事をして、明日は私が車を出すから家に来なさい、と伝えられて電話を切った。

久しぶりに見る義兄は元気そうだった。元気そうと言っても、もう相当の歳をお互い経ているので、自分の目線からという事になる。義兄は洒落たジャケットを着て、運転席で待っていた。私は車に乗り込んで、今日が最後の期限の水族館に向かった。

「仁は元気にやっているか」
「ええ、仁は1440 文字
著作権者の許可なく作品の一部または全部を利用・転載することは法律で禁止されています。