アカウント作成すると作者をこっそりフォローできます
- or -

@けふこ

Twitterらくがきや原稿の進捗とからくがきアニメとかとかの倉庫
🔞🈲リスト追加方法はbioからプロフカード見てね

☆こそフォロ エアスケブ依頼 おふせ 絵文字で応援する ❄ 🐶 👏 💖
ポイポイ 209

@けふこ

☆こそフォロ

ランヴェワンドロ「寝言」「触れる」
(描き終えるまで寝顔だと思ってた…(´·∀·`))
2枚目はタイムラプス撮ったどー

タップで全画面(原寸:1743x1373)無断転載禁止
😍😍
リアクションをたくさん送って応援しよう!
作者からのリプライ

おすすめ作品

7_orangefjmr

作業進捗高校生どひふ夏休みのステップアップ。

3週目の週末〜4週目のお泊りの始めくらいまで。
どひふ、夏休みにステップアップするってよ週末、独歩の弟の学童もない土曜日に、一二三は観音坂家に昼食にお呼ばれされていた。お中元で贈られた素麺が多かったので一緒に消化してほしいとのことだ。
一二三たちが小中学生の頃は独歩の弟が小さかったので母親も家にいることが多くよく顔を合わせて話していたが、高校生になると働きに出るようになったらしくほとんど顔を合わせることもなくなった。年頃でもあるし久しぶりにまともに喋るとなると緊張もあるだろうが、一二三はそれがなかった。まるで昨日会ったかのように自然に観音坂家に溶け込んだ。
「ママー!久しぶり、元気だった?っていつも俺っちが帰る時には顔見てんね、んはは」
独歩が低学年の頃はまだ母親のことをママと呼んでいたので、一二三もそれに倣って独歩の母親のことをママと呼んでいた。高学年になると独歩はお母さんと呼び変えるようになったが一二三の方は相変わらずだった。独歩の母親はそれを気に入っていた。我が子はもうどちらもママと呼んではくれないので、その可愛い響きを聞けるのは一二三からだけになってしまった。
6594 文字