Recent Search
    You can send more Emoji when you create an account.
    Sign Up, Sign In

    chuntsui_B

    @chuntsui_B

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 11

    chuntsui_B

    ☆quiet follow

    首販:CWT61

    大小:A5
    頁數:22頁
    膠裝
    CP:伏見ガクx剣持刀也

    ※完全架空的設定
    ※真的很OOC


    密碼:所屬身長差 R18↑?

    Tap to full screen (size:2122x2976).Repost is prohibited
    😭💘😭🙏🍌👏💖💖💖💖😭💘💖💖💖💖💖💖💖💖💖💖💖💕😍💖😭🙏💖🙏😭💖😍😭😍💖😭❤👏☺🙏🌋💴❤❤❤💖❤💖💘💖❤💖😭😭😭👏🙏🙏
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    recommended works

    住めば都

    DONEあくねこ、ハウレス夢。
    過労で熱を出したハウレスが主様に看病される話。
    なおハウレスは回復したあと、ボスキやアモンから主様に甲斐甲斐しく世話されたことをさんざんからかわれたそうな。

    担当執事をつついてると、いやそのセリフそっくりそのまま返すよ!?って思うことが多くて、この話もそういうアレから生まれました( ˇωˇ )
    きみに捧げる特効薬 今になって思い返して見ると、朝起きたとき、いつもより体が重いような気はしたのだ。けれど、頭が痛いとか咳や鼻汁が出るとか喉が痛むとか、ほかの症状がなかったものだから。少し疲れが溜まっているのだろうと、ハウレスは軽く考えてしまった。
    「おそらくは、過労だね」
     診察していたルカスが真剣な表情で告げるのを聞いて、ハウレスの主人はひどくショックを受けた表情になった。主様がそのように悲しそうなお顔をされる必要はないのにと、ハウレスは思ったけれど、熱があることを自覚してしまった体はやたらと重だるくて、口を開くこともままならなかった。
     ハウレスの異変に気づいてルカスの元へと連れてきたのは、他ならぬ主人だった。
     この日――。ハウレスは寝起きに体のだるさを覚えたものの、大したことではないと断じて普段どおりに仕事に取りかかった。屋敷中の窓を開けて空気を入れ替え、トレーニングをこなし、主人に起床時間を知らせにいった。身支度を済ませた彼女を食堂までエスコートするために手をとって、そこで眉間に皺を寄せ険しい顔になった主人に手首や首筋、額などを触られた。そうして、有無を言わさずここへ連れてこられたのだ。
    2523