pipa

手ブロ、ギャレリア、ポイピク、その他モロモロの作者です。
@kawai_pipa

☆こそフォロ リクエスト おふせ
ポイポイ 76

pipa

☆こそフォロ

ツイッターのログイン方式を変更し、何らかの理由で連携が切れてしまっても再認証で同じアカウントにつながるようにしました。今までご不便をおかけしました。また、メールでアカウントを作れるようにしましたので、複数アカウントを作りたい場合はそちらをご利用いただけるとありがたいです。
gmailの場合、「username+任意の文字列@gmail.com」で無限にエイリアスを作れます!

##お知らせ

タップで全画面(原寸:100x100)無断転載禁止
👏✨👍👍👍❤❤❤🙏🙏🙏💞🙏🙏🙏🙏👍👍👍✨🙏👍👍✨☕🍨👍❤🙏🙏🙏🙏🙏🐽🐽🐙😜👍❤👍
リアクションを送って応援しよう!

pipa

メモ小説テスト
吾輩は猫である 吾輩は猫である。名前はまだ無い。
 どこで生れたかとんと見当けんとうがつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩]はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは[name:書生]という人間中で一番獰悪どうあくな種族であったそうだ。この[name:書生]というのは時々我々をつかまえてて食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼のてのひらに載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。掌の上で少し落ちついて[name:書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始みはじめであろう。この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶やかんだ。その猫にもだいぶったがこんな片輪かたわには一度も出会でくわした事がない。のみならず顔の真中があまりに突起している。そうしてその穴の中から時々ぷうぷうとけむりを吹く。どうもせぽくて実に弱った。これが人間の飲む煙草たばこというものである事はようやくこの頃知った。
10744 文字

おすすめ作品

著作権者の許可なく作品の一部または全部を利用・転載することは法律で禁止されています。