Recent Search
    You can send more Emoji when you create an account.
    Sign Up, Sign In

    Tyon。

    五悠を書いています。
    誰かに刺されば嬉しいです!

    @yon_472

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 67

    Tyon。

    ☆quiet follow

    五悠です。
    匂いについてのお話④

    モブ女性がちょっとでます。
    苦手な方はご注意下さい。

    #五悠
    GoYuu

    匂い④休日

    今日も、映画を観るために五条先生の家を訪れていた。

    「先生、おはよう。」
    「いらっしゃい、ゆうじ〜」
    「お邪魔します。」

    部屋に入ると、リビングのテーブルにはポテチとコーラが用意してある。
    ソファーには、呪力操作の特訓の時に使っていた呪骸替わりの、くまのぬいぐるみがちょんと座っている。
    先生は意外とマメで、いつもこういう風に用意してくれている。

    荷物を置いて、ソファーに腰を下ろした。
    先生も並んで腰を下ろし、リモコンを操作しながら「そう言えば新作あったよ〜今日はこれね」と映画を選択してくれる。
    俺はそれをぼうっと見ていた。

    「ねぇ、悠仁。何かあった?」

    ただ画面を観ていただけなのに、先生は何かを察したようだった。

    「え?特にないけど、なんで?」
    「…嘘だね。悠仁って嘘つけないでしょ。」
    「そんなこと、ないよ…」
    「最近、ずっと浮かない顔してるの気づいてる?」
    「え…」

    自分では上手く隠せていると思っていた。
    そう言えば、伏黒にも「最近、静かだな」と言われた気がする。あのとき、誤魔化したけれど、俺はそんなにも隠せていないのだろうか。

    「そんな分かるもん?」

    思わず先生に聞いてしまった。
    先生は持っていたリモコンの電源ボタンを押してTV画面を黒くしてから、俺の方へ向き直した。

    「分かるよ。今も上の空だったでしょ。」
    「そんなことないけど…」

    つい視線を逸らすと、先生に顎を掴まれ、無理にでも視線を合わせられる。

    「逃げてもダメ。ちゃんと言いなさい。」
    「ん〜、でもな〜」
    「さっさと吐いちゃいなよ。隠しても、この後良いことはないよ。」

    煮え切らない態度でいると、だんだんと先生の声色に重さが増す。
    これ以上隠していても、俺も先生も悪い方向にしかいない。仕方なく俺は白状した。

    「あのさ…五条先生、たまに香水つけてるじゃん。それって、本命なの…?」
    「香水って…」

    先生は少し考えたと思うと、すぐ明るい顔になった。

    「あれね!違う違う!あれは、腐れ縁みたいなもん。」
    「腐れ縁?」
    「そうそう、本命とかじゃないよ。」

    先生の話によると、香水を送った女の人は、実家の近くに住んでいる幼馴染で、歳が近いせいか幼い頃からよく関わることがあったらしい。そんな縁で今でも先生のことを気に掛けてくれているみたいだ。「女というより、口うるさい姉貴って感じ」と話してくれた。

    「『良い歳して、相手がいないのは身だしなみのせいよ!』とか言われて、貰ったんだよね。付けてないと、『何で付けてないのよ!』って一々煩くてね。」

    先生は、その女の人の口調を真似ながら、少しふざけて、香水の経緯を話してくれた。
    それを聞いて安心したからか、胸にあった錘がスッと軽くなるのが分かる。

    「あははは、先生、それモノマネ?酷すぎん?」

    先生のモノマネは誇張しすぎて面白かった。
    心の底から笑えた。
    すると、頭にぽんと先生の手が置かれ、撫でられる。

    「やっと笑ったね。悠仁はやっぱり笑ってなきゃ。」
    「…ごめん。俺、勘違いしちゃって。面倒臭いよね。」
    「全然。むしろ嬉しいよ。ヤキモチ妬いてくれたんでしょ。」

    頭に置かれた手が、頬に下がって来て、先生の唇が頬に触れた。

    「それに悠仁を抱いてから、悠仁以外抱いてないよ。」

    真っ直ぐ見つめられて、そんな事を言われたら逃れられるはずもなく。今度は唇が重なる。
    先生とのキスに集中していても、頭の中が先生の言葉でいっぱいになる。
    心臓の鼓動が増すばかり。

    (嬉しくて、苦しい…)
    「っん、はっ…すき…」

    唇が離れた一瞬に、その言葉が漏れた。
    すると先生は身体を離し、俺を抱えるように持ち上げた。

    「ん?え、何?!」
    「ベッド行くよ。」
    「え?!ちょっと、何で?!」

    俺を抱えた先生は、寝室へと足を向かわせる。
    急な事で、頭で処理が追いついていない。
    ぼふっとベッドに降ろされ、上の服を脱ぎ捨てた先生が俺に覆い被さる。

    「あんな風に"すき"なんて言われて、耐えられるわけないでしょ。」

    深い口付けで、息ができない。クラクラする。
    「一旦止まって」と言っても、止まるはずもなく、先生の手は器用に脱がしていくし、直ぐにイイところを見つける。

    「んっ、あっ…!」

    ちょっと強引でも、心地よさがある。
    俺は、これに幸福を感じている。

    「先生、大好き…」

    それの言葉が、頭の中なのか口から出たのかは、自分ではもう分からなかった。
    快楽で朦朧とする意識の中で、確かに覚えているのは、先生からの強い刺激と、絶頂の感覚だけだった。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    ❤💖😭🙏💗💘💘
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works