Recent Search
    Create an account to secretly follow the author.
    Sign Up, Sign In
    - or -

    mayun

    保管庫

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 33

    mayun

    ☆quiet follow

    Tap to full screen (size:2039x2894).Repost is prohibited
    Let's send reactions!
    Replies from the creator
    Hide ads with PoiPass!  

    recommended works

    M_a_o_3

    PROGRESSpixivの小説、クラブ系パリピ🐯悠七小説「まいごの七...さん」の続き

    いい感じで導入書けたから喜びのご報告&モチベーションと絶対書き上げる宣言のために導入部分だけポイピクに載せておく
    マナミさんという架空のキャラクターが登場しますご注意下さい
    今回こんな感じで書きます⭐︎

    マオさん通常営業
    お花ちゃんな七海さん[ホワイト2]「はい、お待たせ。モヒート」
    「ん、ありがと。マナミさん」
    ここは明るい印象を感じるカジュアルBar。テーブル席に座る客がガヤガヤと騒ぐ中、一人カウンターに静かに座る悠仁はカクテルを受け取ると彼女の目を見て柔らかくほほえんだ。
    ここのオーナーで、クラブ遊びを教えた夜遊びの先輩でもある彼女とは二年半の付き合いになる。出会ったのは渋谷のスポーツバーチェーン店、悠仁と恵が偶然隣の席に座り意気投合したことがきっかけだった、いろいろ話がはずみ昨日悠仁が19歳の誕生日だったことを知った大人たちはおめでとう、大人の遊び教えてやるよ!!と酔いとその場の勢いで知り合いのクラブにすぐ電話してVIP席の予約を取り、あとは流れるがままにハタチになる前にひとつ大人のドアを開けたのが悠仁のクラブデビューだった。その後はマナミのVIP席を拠点に自由にのびのびと動き回った悠仁、酒も強くなったね、ナンパも上手くなったね、テキーラ飲みすぎて倒れそうになったこともあったね、路上で騒ぎすぎて職質受けたこともあったね、そんなこんな色々あってヤリチンの悠仁がスクスクと育まれていたのだが。
    2242