Recent Search
    Create an account to secretly follow the author.
    Sign Up, Sign In
    - or -

    3310pix

    @3310pix

    @3310pixの見る人を選ぶ注意書きが必要な絵とスケベな絵を上げています。

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💖 👍 🍌 🍑
    POIPOI 52

    3310pix

    ☆quiet follow

    節分災厄フォンとフェル様漫画

    #ルシサン
    lucisan

    Tap to full screen (size:800x800).Repost is prohibited
    ☺🍌🌋💴💴🍌☺☺☺🍌🍌🍌🍌🍌🍌🍌🍌🍌💯🍌🍌🍌🍌🍌🍌🍌🍌🍌👏☺👏👏👏🍌🍌🍌🍌🍌🍌🍌🍌👏👏🍌🍌🍌🍌💞
    Let's send reactions!
    Replies from the creator
    Hide ads with PoiPass!  

    related works

    tkn_gbf

    MAIKING続きその8
    ルシサン現パロ
    ルシフェルは一人、雨の中を走っていた。
     バシャリと水たまりを踏み抜き泥が跳ねるが意にも介さず走り続ける。横殴りの雨が顔を打つ。髪が張り付いて煩わしい。目にかかるそれを袖で拭う。立ち止まり、見通しの悪い道を見渡して声を大きく張り上げた。
    「サンダルフォン!!」
     返事は、ない。
     虚しく響く自分の声にほぞを噛みながらルシフェルは再び走り出した。
     吹き荒れる風の音が不安をひたすら掻き立ててくる。
     無事でいてくれと祈りながら、いつもの道を必死に駆けた。
     
     
     数分前、いつものように迎えに行ったルシフェルを出迎えたのは、閉店作業中の店長だけだった。待っているはずのサンダルフォンの姿が見当たらない。
     慌てるルシフェルに不思議そうに首を傾げた店長が、サンダルフォンはもう帰ってしまったと告げた。今日は早く帰る日だからと、閉店と同時に店を出たというのだ。
     それを聞いた途端、慌てて外へと走り出した。
     今日は、嵐だった。
     轟々と鳴り響く風雨のせいで、数メートル先もよく見えない。まるで闇が彼を飲み込んでしまったみたいだ。嫌な想像ばかりが頭をかすめる。
     何度か電話をかけるが繋がらない。事務 2209

    recommended works