ポイパスで400枚まとめて投稿!

1_raru3

☆こそフォロ リクエスト おふせ
ポイポイ 8

1_raru3

☆こそフォロ

pixiv未掲載作品。小さな奇跡だったかもしれない話とセカイの秘密の話。

とある座長のもしも話 セカイを守るための戦いに参加すると決めた帰り道。ショーユニットの若き座長でありセカイの創造主である少年、天馬司は物思いに耽っていた。頭に浮かぶのは先ほど聞かされたセカイの裏側の話。彼の、彼らのワンダーランドのセカイを襲う怪物たちは他の、本当の想いが消え去って壊れてしまったセカイから襲ってきているのだと聞いた。もしも、自分が本当の想いをあのまま忘れ去ったままだったとしたら。あの賑やかなワンダーランドは壊れて怪物の庭になってしまっていたということだろう。
 ふと、司は今までのことを振り返る。自分達が何かひとつでもピースをとりこぼしていたとしたら、自分達とこのセカイは存続されなかった可能性があったのかもしれない。もしも、司がオーディションを受けに行ったあの日に、えむが司のことを見つけていなかったら。えむと初めて出会ったあの日、類がパフォーマンスをしていなかったら。ある意味全ての始まりであった初公演の日にネネロボが充電切れを起こさなかったら。司があの日にセカイに行かなかったら、行ったとしてもあのうさぎを笑顔にできなかったら。あの時に咲希のぬいぐるみだと気が付かなかったら。崩れる可能性のあるもしもは意外とすぐに司の頭に思い浮かんだ。
「…案外、オレ達がこうやっていられるのも奇跡なのかもしれないな…」
 司はそう呟き、家への帰り道を歩いて行った。



〜ワンダーランドのセカイ〜
「ねぇ、レン。みんなに本当のことを言わなくてよかったのかなぁ?」
 司達が現実世界に帰ったあと、バーチャルシンガー達が話していた。リンに問いかけられたレンは答える。
「言わなくてよかったんじゃないかなぁ。こんなことを知ってしまったら、みんなびっくりしちゃうよ」
「うん、僕は言わなくて正解だったと考えているよ。レンの言う通り、こんなことを知ってしまったらみんなが…特に司くんが気に病んじゃう」
 バーチャルシンガー達だけが知っている本当の「ワンダーランドのセカイが穢れの怪物達に襲われやすい理由」。それは

「歌が生まれるまでにセカイが何度も危ない状態になっていたから」

であった。司が本当の想いを思い出さなかったら。司がみんなを繋げることに失敗していたら。他のセカイよりも、このセカイはもしもの危うい状態が多すぎたのだった。歌が生まれたこのセカイにすぐにバーチャルシンガーが揃ったのも、セカイの防衛作用だったのかもしれない。
「今は、何も言わなくてもいいんじゃないかしらぁ。みんなが暗い顔をしてしまったら、私も悲しいわぁ」
「えぇ。いつかみんなが本当のことを知ってしまうまでは、この理由で貫いていきましょう。知ってしまったらその時はその時よ」
「だいじょーぶだよ!ミク達はショーユニット!司くんたちが自分で気がつくまで、ミク達は秘密を隠しきろう!演じよう!」
 ヒトのいないショーテントの中。バーチャルシンガー達は静かに決意を交わしたのであった。
タップで全画面無断転載禁止
リアクションを送って応援しよう!
ポイパスで広告非表示!  

1_raru3

過去絵を晒すヴィオレンツァのアナザーストーリー。ワンダーランドのセカイへと救援に来た3人が見たセカイの異変。
暴走のディフェンデレ ワンダーランドのセカイ。とある壊れたセカイでの戦闘中、想いの持ち主である司とその仲間たるワンダーランズ×ショウタイムが危機的な状態であるがために、KAITOはMEIKOやルカと様々なセカイの住人達へと救援要請を出していた。
 MORE MORE JUMPからはえむと仲が良いから心配だと遥が、Vivid BAD SQUADからは恩人の司が危険だと聞きいてもたってもいられなくなった冬弥が、25時、ナイトコードで。からは昔馴染みである類や先輩である司が気になると瑞希がこのセカイへとやってきた。Leo/Needにも声を掛けようとしたが、教室のセカイのバーチャルシンガー達と相談し、精神的ショックが大きいことから呼ぶのはやめようということになった。しかし、あの状況だと全員暫く安静にして休ませた方がいいだろう。比較的被害が少ないえむと寧々、それに部屋が家と別だという類はともかくとして司はこちらで休ませる必要があると彼らは思った。司のことだ。家に帰ると親や咲希に心配をかけぬよういつも通り振る舞うだろう。それだと意味がない。咲希には連絡する必要があるだろうと判断した。
7340 文字

1_raru3

過去絵を晒すpixiv未掲載作品。小さな奇跡だったかもしれない話とセカイの秘密の話。
とある座長のもしも話 セカイを守るための戦いに参加すると決めた帰り道。ショーユニットの若き座長でありセカイの創造主である少年、天馬司は物思いに耽っていた。頭に浮かぶのは先ほど聞かされたセカイの裏側の話。彼の、彼らのワンダーランドのセカイを襲う怪物たちは他の、本当の想いが消え去って壊れてしまったセカイから襲ってきているのだと聞いた。もしも、自分が本当の想いをあのまま忘れ去ったままだったとしたら。あの賑やかなワンダーランドは壊れて怪物の庭になってしまっていたということだろう。
 ふと、司は今までのことを振り返る。自分達が何かひとつでもピースをとりこぼしていたとしたら、自分達とこのセカイは存続されなかった可能性があったのかもしれない。もしも、司がオーディションを受けに行ったあの日に、えむが司のことを見つけていなかったら。えむと初めて出会ったあの日、類がパフォーマンスをしていなかったら。ある意味全ての始まりであった初公演の日にネネロボが充電切れを起こさなかったら。司があの日にセカイに行かなかったら、行ったとしてもあのうさぎを笑顔にできなかったら。あの時に咲希のぬいぐるみだと気が付かなかったら。崩れる可能性のあるもしもは意外とすぐに司の頭に思い浮かんだ。
1220 文字

おすすめ作品