Recent Search
    You can send more Emoji when you create an account.
    Sign Up, Sign In

    高間晴

    @hal483

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 385

    高間晴

    ☆quiet follow

    チェズモク800字(いつもより字数オーバー気味)。珍しく二日酔いのモクさん。

    #チェズモク
    chesmok
    ##BOND

    ■二日酔いの朝


     朝、モクマはベッドから身を起こしてずきずき痛む頭を抱える。二日酔いなんて酒を飲み始めた年の頃以来経験していない。だが、昨夜はチェズレイが隣でお酌なんてしてくれたから嬉しくなって、ちょっとばかり飲みすぎた気がする。それ以降の記憶がない。
     ふいに部屋のドアをノックする音が聞こえた。チェズレイの声が「朝ごはんが出来ましたよ」と告げる。モクマは返事をして部屋を出ると洗面所へ向かう。冷たい水で顔を洗うと少しさっぱりした気がして、そのままダイニングへ。
     おはようと挨拶をすればチェズレイが鮮やかに微笑む。味噌汁のいい匂いがする――と思ったのは一瞬で、吐気をかすかに覚えた。
     ――あ、これ完全に二日酔いだわ。
     典型的な症状。食べ物の匂いがすると胃のあたりが気持ち悪くなる。頭痛もぶり返し始めた。だがチェズレイがご飯をよそってくれているのを見ると、どうにも言えない。
     朝ごはんはやっぱり白米がいいな、なんて冗談半分で言ったら、その日のうちに炊飯器を取り寄せて味噌汁の作り方までマスターしてしまうのがこのチェズレイという男だ。そこまで想ってもらえるのは嬉しいが、時々、ほんの少しだけ怖くなることがある。
     目の前に湯気を立てる白米と味噌汁が出された。鮭は皮目がぱりっと焼けている。モクマはなんでもない風を装って椅子に座ると箸を手に取った。
     そこでチェズレイのため息が落ちた。
    「モクマさん。あなた体調悪いでしょう」
    「え? そんなことないよ」
     とっさに出てくるのは嘘と笑顔。いつもこうやって誤魔化してきたから、簡単には変えられない。
    「嘘を言わないでください。昨夜あなたは私が仕事の電話をしている隙に酔い潰れていた。私はそんなあなたを部屋まで運んだんですからね」
    「えっ、そりゃ悪いことさせちゃったね。ごめんね?」
    「私が怒っているのはそこではありません。どうして体調が悪いなら悪いで一言言ってくれないんです」
    「――それは、あの」
     うまく言葉が出てこない。チェズレイの美貌が憂いで陰る。
     ――これじゃあ朝飯が冷めちまうな、なんてモクマは頭の隅で考えていた。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    ☺💒💕
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works