流浪 @阿七おいしい

遙か7阿国さん激推しの阿七狂い。
阿国さんが幸せなLOVE&ピースな世界が好きです。

漫画と小説で一応世界線分けてますが、方向性が違うだけで基本はイチャイチャしてます。
漫画→バカップル、小説→おしどり夫妻、みたいなイメージ。


pixiv(https://www.pixiv.net/users/6550170)
*主にまとめ、たまに長めの小説に使ってます。

お題箱(https://odaibako.net/u/ruro)
*送っていただければ気紛れに消化します。
感想なんかでも喜びます(´∀`)

☆こそフォロ リクエスト おふせ
ポイポイ 91
ポイパスで広告非表示!  
ポイパスで広告非表示!  

流浪 @阿七おいしい

できた遙か7 阿七 √ED後、旅途中やむなく山中で野宿することになった話。

最初に出たCD「運命の絆」手に入れて、そういえば七緒ちゃんが火怖い話書いたことないなぁって思い立って勢いで書いてみた。
料理IH派なら戦国結婚後は大変だろうな…。

CD色々新しい発見もできたし、阿国さん版風雲の時空も歌い方一人だけクソ可愛くて和んだし、一旦満足です(*´ω`*)ホクホク

2021.10.5
山の一夜 ──しくじった…。
 日没も近く、木々を通して辺り一面長い影と夕焼けの橙に染まる山中、足許に落ちる乾いた枯れ枝を選んで拾い集めながら、阿国は嘆息した。
 ──これまでさんざ気を付けていたのに、仕方ないとはいえあれさえなけりゃ…。
 忌々しく枝葉の隙間から覗く、夏より短くなった秋の夕空を睨む。どこからか山に帰ってくる鴉の鳴き声が聞こえる。それで改めてまざまざと日没を知らされて、諦念半分、しかしいつまでも消えない口惜しさに鬱々としてしまう。
「…まぁとにかく、早く戻らないとね。いつまでも一人待たせておくのは危険だ」
 空から視線を切って溜息をこぼすと、それで一旦後悔は横に置いて、一抱えほどの十分な量になった枯れ枝を小脇に抱え直すと、阿国は来た道にならない道を目的の場所に向けてまた引き返した。
4418 文字
ポイパスで広告非表示!