Recent Search
    Sign in to register your favorite tags
    Sign Up, Sign In
    - or -

    gekka_kaede

    青火/エク霊/完全固定/地雷多数あり

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 65

    gekka_kaede

    ☆quiet follow

    描かないとほんと描けなくなるなー
    峰は下半身しかないけど、一応青火のつもりで描いてます
    Pass::18↑?

    #青火

    Tap to full screen (size:1292x1799).Repost is prohibited
    💞💞🙏😭😭🍌☺💕💕💕🇪🇱🇴🍌🍌🍌🍌🍌🌋🌋🌋🌋🌋💕💕💕🌋🌋🌋😭🌋🍌🍌🍌❤❤❤❤🍆💖🍌🍌🍌🍌💯💯💯🌋🌋🌋🌋🌋😇😂🌋😻🍌🌋🌋
    Let's send reactions!
    Replies from the creator
    Hide ads with PoiPass!  

    related works

    recommended works

    まみや

    DONE【12月31日】
    霊体エクボと霊幻の二人で年越し。
    「だから、こっちは大丈夫だって!そっちこそ、あんまり出歩くなよ!」
    「そうねぇ…せっかくのお正月なのにねぇ…」
     パソコン画面の向こうでは霊幻と同じ眠そうな二重まぶたの女が、さっきから何度も同じ話を繰り返している。俺様は霊幻のつむじを見下ろしながら、肩越しにその画面を盗み見た。
     これが霊幻の母ちゃんか…。なかなか美人じゃねぇか。そりゃ、歳はいってるが若い頃はモテただろうな。霊幻の顔がいいのだけは納得出来る。
     今年の冬は例の伝染病があるから帰らないと霊幻が電話したら、向こうからパソコンでテレビ電話しようと言ってきた。最近では年寄りも機械には強いらしい。
    「大体、ちゃんと食べてるの?お節も無いなんて何だか不憫で…」
    「いや、あれはそもそも保存食として作られた物で、今は元旦でもコンビニが開いてるから必ず必要というものでもな…」
    「そうやって!あんたはまたコンビニのものばかり食べて!!!」
    「そういうわけじゃねえよ!」
     えらいとばっちりだ。台所には俺様が材料を吟味して選んだ正月料理の具材が並んでるというのに!
     止まらない話のループに、霊幻の目が斜め上に浮かぶ俺様を助けを求 1764