Recent Search
    Create an account to secretly follow the author.
    Sign Up, Sign In

    狼々(ろろ)

    推しへの熱意が沸くと描いたりする自己満らくがきなどのまとめ処。後から見たいのでついったのも上げてます。反応もらえると喜んでます。
    うるさくしてる雑多日常垢@roro_5757
    お絵描き用垢@roro_rkgkak
    twstジャク監垢@roro_jkyu
    たまにここのをまとめて上げるかもな支部https://www.pixiv.net/users/3592157

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 169

    狼々(ろろ)

    ☆quiet follow

    超絶過去絵メラまりをツイから回収してきました(ついっぷるとかが終了してる事実がかなり衝撃的…かなりの月日が流れているのね…)

    #まりメラ
    marimera
    #メラまり
    japaneseSnowball
    ##その他

    Tap to full screen (size:600x800).Repost is prohibited
    ❤👍💞
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works

    kazeaki_twst

    MAIKINGアズ監🌸「戻れない日々の続きを歩いて行く」
    前作の「星が降る夜に」の続き。
    その日は、本当にいつもと変わらなかった。
    四年生になり、いつもと同じように研修先からグリムと帰宅し
    「グリムーっ!ちゃんと外から帰ったんだから、手を洗いなよーっ!」
    なんて言いながら、自分の部屋で制服を脱いでいた。外は、すっかり暗くなり秋らしく鈴虫か何かの虫が鳴いている。
     そして、ふと鏡に目をやると首元のネックレスが光った。そこには、恋人が学生時代に使用していた魔法石───を再錬成して作った少し小ぶりの魔法石がついていた。監督生の頬が思わず緩む。
     これをプレゼントされたのは、ほんの数日前のことだ。

    「監督生さん、これをどうぞ」
    いきなり差し出された小さな箱を見て、監督生は首を傾げた。目の前は、明らかにプレゼントとわかるラッピングに、少し緊張した表情のアズールがいた。
     監督生は、何か記念日であっただろうかと記憶を辿り───思い当たる事もなく、思い出せない事に内心焦った。当然、自分は何も準備していない。
     しかし、このまま何も言わずプレゼントに手をつけなければ、きっとアズールは傷つく。いつも余裕綽々とした態度で、若年だと侮られながらも学生起業家として大人たちと渡り合う深海の商人── 2244