Recent Search
    Create an account to bookmark works.
    Sign Up, Sign In
    - or -

    Hide ads with PoiPass!  
    Hide ads with PoiPass!  
    Hide ads with PoiPass!  

    yakiAJI_black

    DONE誕生日関係無い話しだけど、赤葦くんの成長物語なら祝になるだろ!!
    という、無茶な思いから書き出した、赤葦くんと捏造の先輩セッターのお話。
    赤葦くんが2年で正セッターやってるって、3年のセッターより上手いってこと?とか、木兎さんと赤葦くんキャラ違い過ぎて間を取り持った人がいないと、木兎さんはともかく赤葦くんが大変じゃない?ということから、3年のセッターを捏造しました。
    2人のスター バレーは好きだけど、俺の人生はバレーが全てじゃない。でも、バレーが全ての人もいるんだな、と思った。

    「なぁ、赤葦、星野さんって進学科に今年転科したんだって」
    「転科って、最初から進学科に入るより難しいって噂じゃん」
     仮入部を経て、バレー部へ正式入部となった赤葦は同級生とともにネットを準備していた。話題は、同じセッターの2年生、星野のことだった。星野は1年生の教育係を任されている2年生で、レギュラーではないが監督が「2年で一番、信頼している部員」と説明した。加えて、その理由が「木兎も手懐けた猛者だから」だそうだ。監督の隣にいた木兎が「モサって何?」というと主将が「星野、後で木兎に説明しといて」と任され、そこに「はい」と返事していたことで、周りの2、3年生は笑った。
    12505