しんか

できた【キスフェイ】もしもカジノに助っ人に来たのがフェイスだったら「ディーラー見習いで入ったのに何故かディーラーのテストを受けさせられたんだよね」

 ブラッドの命令でしぶしぶ来たらしいフェイスは、そう言って不服そうに口を尖らせた。やる気なさそうにしているが、さすが色男と言うべきか、俺なんかよりも格段にディーラーの制服が似合っている。

「見よう見まねでやってみたけど流石にやったことなかったからね、もちろん散々だったよ」
「じゃあなんで受かってんだよ」
「知らない。ディーラーとしての華があるんだって」
「何だそりゃ」

 カジノへの潜入調査が難航しているため応援を寄越してくれとブラッドに頼んだのは確かだが、まさか本当にもう一人のルーキーが来てくれるとは思わなかった。俺と張るほどのやる気のなさだが、いざという時のこいつの口の回りっぷりには何度か助けられているので、これで滅多なことがない限り大丈夫だろう。

「とりあえず、これで楽できるわ」
 ひとつ伸びをして早速一服しに行こうとすると、案の定それを阻止された。
「はいはい。とりあえずキースは仕事に戻ろうね」
「うへぇ、何でだよ。お前が来たから楽できるんじゃねぇの?」
「俺はオーナーの側近になったから、きっとディーラーの仕事はあんまりできないよ」
「はぁ? 何だよ側近って」
「知らない。なんか面接の時に気に入られちゃってさ、オーナーの指示した客とだけ勝負しろって」
「上客でもいんのかな」
「多分ね。イカサマでもして儲けるんじゃない? あとは雑務だってさ」
 フェイスがオーナーの側にいるのなら仲間になることによって逆に監視されてる状態も同然な俺への視線も少しは弱まるだろう。
「せいぜいオーナーの気を引いてるからさ、キースは仕事の合間にでも調べものしててよ」
「へーへー。ジュニアと手分けするかね」
 その日から、ウエストセクター全員参加の潜入調査がスタートした。


「あのオーナー、話長すぎ」

 三日ぶりに見たフェイスはかなりげんなりしていた。
「てきとーに相槌打つのは得意だけど、それに気持ちよくなってますます喋る話題が自分のことばっかりなんて、絶対女の子に嫌われるタイプだよね」
 どうやらオーナーの部屋に篭りきりで延々と話し相手をさせられているらしい。従業員が少ないっていうのに、どうりでいつまで経っても忙しい訳だ。
「まぁ世間話ばっかりでもないけどね。このカジノ、やっぱりイクリプスと取引してるみたいだよ」
「おまっ……それ直接聞いたのか?」
「俺、イクリプスに憧れてこのカジノに入ったって言ったからね」
「だからってそんな大事なこと漏らすとか、お前どんだけ気に入られてんだよ……」
「アハ、気に入られてるのは間違いないかも」
 次に出てきたセリフに驚く。とても何でもないことのようにいうものじゃなかったからだ。
「めちゃくちゃ身体、触られるから」
「……なんだって?」
 聞き間違いであって欲しかったが、その後に続いた言葉にその願いも打ち砕かれた。
「だから、カラダ。べたべたと馴れ馴れしいの。触る箇所も結構際どいし、あれでスキンシップのつもりかな。勘弁してほしいよね」 
 やれやれなんてポーズを取っているが少し嫌な予感がした。万が一、気に入られているっていうのがそういう意味でだとしたら。部屋にふたりきりという状況の危険度が変わってくる。
「おいおい勘弁してくれよ……なんかあったら俺がブラッドに怒られちまう」
「何? 何で今あいつがでてくるのさ」
 わかっていないようなフェイスにいつもの危機管理能力はどうしたと言ってやりたくなる。女相手にしか発揮されないのだろうか。
「実の弟を不埒な目に合わせたとなると、さすがに朴念仁のあいつでも怒るだろ」
「不埒? ああ……」
 しばらく考え込んで、やっと思い至ったらしい。
「それは大丈夫じゃない? 女の愛人を何人も囲ってるっていう話だし、男に興味なんてないでしょ」
 その中の一人にフェイスも加えるつもりなんじゃと思ったが、その考えに至らないぐらいにはこいつは健全だということだ。
「それに、ブラッドは俺のことなんて興味ないと思うけどね」
 反抗期の弟にとっては自分の置かれた状況よりもそちらの方が気になるようだった。
「まぁ何にせよ、気ぃつけろよ」
「はーい」


ーーなんて言ってたのに。

「ジュニア……まだかよ」
 フェイスが潜入時に持ってきたスマホの画面を睨みつけながら苛立ちを募らせる。
 あれから数日、大金の置いた部屋で以前ロストガーデンで見つけたのと同じタギングを見つけた。今はそれを撮影したスマホを持ちながら、オーナーのいる部屋の前で中の様子を伺いながら機会を待っている最中だった。
 ジュニアによる客の避難誘導が終わり次第部屋に乗り込むつもりだが、中でオーナーの気を引いていたフェイスの様子が気になる所だ。律儀に能力を使わず気絶させた邪魔な見張りをどけ、ドアを少しだけ開けて隙間を作る。どうやらふたりはこちらに背を向け、ソファーに座っているようだった。
「ロストガーデンとのパイプが欲しいんだろう。その為なら何でもするって言ってたよな?」
「そうだけど……うわっ!?」
 見えていた二つの影が視界から消えた。その拍子に近くに置いていたらしい新聞の束が床に散乱する。それがオーナーがフェイスを押し倒したからだということに気づき、身の毛がよだつような衝動に支配された。
「ちょっと……!」
「俺がお前のことをどんな目で見てたのか、とっくにわかってたんだろ?」
「はぁ? なにそれ」
「わからないのに大人しく身体を触られていたのか? てっきりお前もその気があるのかと思っていたぞ」
「……冗談だと思ってたんだけど?」
「冗談で男のこんなとこは触らないだろう」
「いっ……!」
 見えないがどこか、おそらく下半身を触られ、腕を突っ張って抵抗しているらしい。しばらく揉み合うような音が部屋中に響いた。
「このまま言うこと聞くなら後で金を納める現場に連れてってやる」
「なっ……ホント?」
「ああ。お前が大人しく身を任せるならな」
「……」
 その言葉をきっかけにフェイスの抵抗がとんと止んだ。
 おいおい諦めるなよ……!?
 そこまでしなくても、もう任務は達成されたようなものなのに。それとも、フェイスのことだからこの状況が面倒になって流れに身を任せることにしたのだろうか。十分にあり得る。
「ふん、それでいい」
「っ、あ……っ!」
 核心に触れられたようなフェイスの声に居ても立っても居られず、連絡もきていないのに乗り込んでしまった。


「ありがと、キース」
 ソファーに縫い付けられていたフェイスに手を貸してやると、大人しくその手を取り身体を起き上がらせた。
 傍には俺の能力で身体を拘束され、そのまま昏睡させられたオーナーが横たわっている。
 もう証拠は掴んだ後だし、ジュニアの避難誘導も終わりかけのはずなので能力を使っても大丈夫だろう。これは完全なる後付けの言い訳だけど。
「は〜〜びびった。お前なぁ、めんどくさいからって急に諦めるなよ」
「アハ、わかった? 抵抗して体力使うぐらいなら身を任せた方がマシだと思って」
「何でそんな刹那的なんだよ。俺が言うのも何だけど」
 ならば男に抱かれる気があったのだとゾッとする。全くこいつは、聞き分けがいいように思えて何をしでかすかわからない。
「ルーキーのお前になんかあったら俺がブラッドに怒られるんだからせめて捨て身はやめてくれ」
「キースなら俺を助けにきてくれると思って」
 それが至極当たり前のような顔をするので、ちょっとは信頼されているのかと照れ臭くなる。
「俺が面倒くせぇって見て見ぬふりしたらどうすんだよ」
「それこそ自分とこのルーキーを見捨てたってブラッドに怒られるでしょ」
「まぁ、それはそうだけど」
 騒々しい足音と共にジュニアが部屋に入ってきた。どうやら避難が終わったようで、警察にも連絡済み。後は従業員に片っ端から話を聞いて回るだけだ。抵抗するならそれこそ能力を使って吐かせてもいい。
「キース、」
 ジュニアと話していたと思ったら不意に名前を呼ばれ、視線を合わせる。
「来てくれて、ありがとね」
「お、おお……」
 俺に顔を向けたフェイスがいつもと変わらず笑っていることに酷く安堵する。そこで初めて、自分の心が乱されていたことに気がついた。
 下衆なオッサンにこいつが穢されなくて本当に良かった。
「何?」
「やけに素直だな」
「そう? だって助かったのはホントだしね。キースのおかげでよくわかんないオジサンに抱かれずに済んだし」
「お前なぁ、ほんと何つーか、もっと自分を……」
 大事にしろ、と言いかけてやめる。説教くさいのは自分らしくないし、そんなブラッドが言いそうな言葉が自分の口から出そうになったことに驚いた。しかも、こいつは諭すようなことを言われるのを煙たがるのに。せっかく少しは縮まったような気がしていたのに、言ってしまったら出会った頃のように距離を取られかねない。
「いや、いいわ」
「なに? 何言いかけたの」
「なんでもねぇ」
「変なキース。らしくないね」
「俺らしいって何だよ」
「知らない」
 ジュニアと共にフロアに向かおうとしたフェイスがソファから立ち上がる。今回は本当に色んな意味で疲れた。さっさと店の奴らを警察に引き渡して、帰ってビールを浴びるほど飲みたい。
「キースも早く来なよ」
「おー、こいつ引っ張ってくわ」
 床で伸びているオーナーの脇を掴んで立ち上がらせる。意識がないせいでクソほど重い。
「なーフェイス、手伝ってくれぇ」
「やだよ」
「くっそー……」
 俺が苦労している姿を見ながらくすくす笑っている。
 その姿は心なしかいつもよりも、
「お前……なんか機嫌いい?」
「そう? 珍しく欲しいものが手に入ったからじゃない?」
 フェイスは何を手に入れたのだろうか。まるでスキップでも踏みそうなぐらい軽やかに立ち去る姿を見ても、何故こいつがこんなにも機嫌がいいのか、てんで俺にはわからなかった。4140 文字

しんか

できた【ブラフェイ】ラジオのアレ「ブラッドパイセン〜」

 一日の終わり、あとは持ち帰って書類を片付けるかと帰路についた矢先にイーストセクターのルーキーであるビリーに呼び止められた。
「ビリーか。何の用だ」
「この間のさぁ、DJビームスの秘蔵のボイス、あるデショ?」
「ああ……」
  DJビームスとはどうやら我が弟であるフェイスのことらしい。秘蔵のボイスとはきっと、先日両者の朝帰りを注意した時のビリーによる声真似のことだろう。およそ今のフェイスからは発せられることのないような内容だったので、それを聞いて珍しく焦った様子の弟の姿も相まって鮮明に覚えている。
「それなんだけどさぁ……要る? 実は録音してて、それをデータにしてみたんだ〜」
「何っ」
 条件反射で出た声にしまったと思ったがあとの祭り。俺の反応が思った通りのものだったのか、ゴーグルの奥に隠された瞳がにやりと細められた気配がした。
「貴重なDJの音声データが入ったメモリスティックが、今ならなんとこのお値段!」
 両指で示された金額にこめかみが引き攣る。なかなかの許し難い額だ。しかも本人のものではない偽の音声なのに。
「メンター相手に商売とはいい度胸だ」
「情報屋は何でも商品にできるからね〜。いらないならDJのファンの手に渡るだけだけど」
 本人の声ではないものを欲しがる輩などいるのだろうか。だが、兄である俺でも間違うぐらい似ていたのだから赤の他人が聞けば本物との違いなどわからないだろう。
 これが世間に出回ったと知れば、フェイスがますます俺を遠ざけるようになることは必至だった。
「既に媒体となっているならば、見過ごして出回せるわけにはいかない」
「じゃあ、どーする?」
「……回収する」
「まいどありぃー!」


 自室に戻り、手の中にあるメモリスティックを見ながらため息を吐く。
 余計な出費をしてしまった。ビリーはあの調子でエリオス内でも情報を売り歩いているのだろうか。同じヒーローならヒーローの情報などいくらでも手に入る。ましてやプライベートなものならいくらでも外で売れるだろう。今後はよりいっそうビリー・ワイズの動向に注意せねばと決意を新たにした。
 しかし、この媒体には本当にあの日の音声が入っているのだろうか。ビリーの胡散臭さも相まり、僅かながら疑問を抱いた。
「……」
 疑問が湧けば、晴らさなければ気が済まない。こんな一日の終わり方では明日に支障が出るかもしれない。そんな言い訳じみたことを考えながらパソコンにメモリスティックを突き刺し、現れたファイルを覚悟を決めてクリックする。

『ごめんなさいっ、ゆるして、ブラッドお兄ちゃん!』

「……っ!」

 しっかりとあの日の音声が流れたことに目を見開き、慌てて音量を下げる。万が一オスカーにでも聞かれたならきっとややこしいことになるだろう。
「ふぅ……」
 思わず色々な意味でのため息が漏れる。こんなあり得もしない弟の言葉に翻弄されるなど、何をやっているんだ俺は。
 しかし、幼い頃は確かにあったのだ。俺のことをお兄ちゃんと言って慕ってくれる弟の姿が。
 そういえばと思い出し、引き出しの奥に仕舞ってあったものを取り出す。ファンから貰ったそれはどういう意味があるかは分からないが自分のものではなく、フェイスのぬいぐるみだった。いつもは送られてきた自分のヒーローグッズはオスカーに保管してもらっていたが、それを手渡すわけにもいかず、かと言って捨てるのも忍びないので自室に持ち帰ったのだった。
「……」
 デフォルメされたそれは普段の顰めっ面をした弟とは似ても似つかなく、お兄ちゃんと発していても別段おかしくはない可愛らしさだ。試しにもう一度ファイルをクリックしてみる。

『ごめんなさいっ、ゆるして、ブラッドお兄ちゃん!』

「……」

 ぬいぐるみ越しに聞こえた仮の弟の声に脱力してしまい、思わず布の塊に突っ伏す。
「……何をやっているんだ俺は」
 自分でもよく分からない行動をとった自覚はあった。少々疲れているのかもしれない。パソコンの電源を切り、迷った挙句、メモリスティックはフェイスのぬいぐるみと共に引き出しの奥底に仕舞いこむ。その動作だけでどっと疲れに見舞われた。
 こんな日は早く休むに限る。たまにはこんな日があっても良いだろうと自分に言い聞かせ、無理矢理弟のことを思考の外に追いやった。1805 文字

しんか

できた燐音誕のときのやつ出てくるまでしつこく鳴らしてやると意気込んで押した呼び鈴は、意外にも一度でその役目を果たしたようだ。

「ニ〜キきゅん」
「はぁ……ま、来ると思ってたっすけどね」

 ニキの呆れ顔なんか今さら見飽きてるので、それをそのままスルーして我が家のようにずかずかと部屋の中へ入っていく。
「お邪魔しますなりただいまなり……いや、今さらいいっすけど……」
 ニキも俺の態度に慣れたものだ。
 普段飯を食べているテーブルを見ると、そこはきれいに片付いていた。いつもなら何だかんだで自分の分の夕飯も用意されているのに。
「あれ、俺っちのごはんはぁ?」
「こんな時間に来てあるわけないでしょ。今日はもう来ないかと思ってたっすよ」
 腕時計は二十三時すぎを指していた。いつものニキならとっくに寝ている時間だ。
「今日は誰かと食べてくるのかと思ってたっす」
「誰かって誰よ」
「仕事先の人とか? 仕事仲間とか」
「やだよめんどくせぇ」
「燐音くんほんと極力そういうの断りますよね。騒ぐの好きそうなのに」
「ツマンネー人間と飯食いたい奴なんているかぁ?」
「いやいや、みんながみんなつまんなくないでしょ」
「飯ぐらい好きな奴と食わせろよ」
「まぁ、ごはんが不味くなっちゃうのはよくないっすもんね!」
 飯の話題を出してしまったことですべての意識がそちらへ移ってしまったニキは俺の失言に気づかない。まぁ気づいたとしてもいつも言ってるうちの戯言のひとつだと思われるのが関の山。ニキと俺の関係なんてそんなもんだ。
「僕さすがに疲れてもう寝ようと思ってたんすけど〜……まぁ、いっか」
「何がだよ」
 ニキのくせに含みのある物言いをすることが気に入らなくて凄むと、憐れ台所へと逃げてしまう。そしてあろうことか、
「人と喋ってんのに急に冷蔵庫漁ンなよ……」
 このタイミングで腹が減ったのだろうか。流石はニキだと呆れていると、振り返ったニキがアホ面で微笑んでいた。手には何かを持っている。
「あ? 何、」
「じゃーん! バースデーケーキっす! しかも三段っすよ凄くないっすか!?」
「ああ、良かったな……」
 買ったのか誰かに貰ったのかは知らないが、このタイミングでそれを自慢してくるアホに呆れ返る。よほど嬉しかったのだろうか。ニキらしいと言えばらしいが。
「燐音くん明日お誕生日っすよね? さっきまでこれ作ってたんすよ〜いやぁ〜大変だった」
「作った? お前が?」
「はい!」
「ニキ今日仕事だったよな?」
 だから遅めにニキの家に行こうと時間つぶしにひと打ちしていると今日に限ってジャンジャンバリバリ来てしまったのだ。そのせいで随分来るのが遅くなってしまった。
「僕も帰ってくるの遅かったんでめちゃくちゃ頑張りましたよ〜」
 つまりこの男は、家に来るかどうかもわからない男のために仕事終わりに三段のバースデーケーキをこしらえてしまうバカなわけだ。知っていたけど。
 こいつの場合はお人好し、というのとも違うだろう。ニキの流されやすさの根源はそんなところからきてるんじゃない。料理人の性というのもあるだろうが、こいつの行動はすべて、もっと根本的な欲求から湧いてきている。
「お前……自分が食べたかっただけだろ?」
「あ、バレました? だって誕生日ケーキって誰かの誕生日にしか食べられないじゃないっすか!」
 ため息が出る。ほんの少しだけ感動しかけた時間が無駄になったので後日こいつの財布から金でも抜いておこう。それで手打ちだ。なんて優しい俺。
「まぁ食べたかったのもあるんすけど、前に燐音くん言ってたじゃないですか」
「あ?」
「誕生日にケーキなんて今まで食べたことないって」
 ニキと初めて出会った頃の話だろうか。随分過ぎてから誕生日を教えたら、何やらやたらとキャンキャン吠えていたのを覚えている。都会の人間は大人になってまで誕生日に食う食べ物に一喜一憂するのかと驚いたものだ。
 あとから他の奴に聞くと、俺が本で読んで知っていた通り大抵は子供の頃までの話らしいから、ニキが特別良いご家庭で育っただけなのかもしれない。
「それ聞いて毎年作ってやんなきゃなあって」
 そう言ってバカ面を晒した目の前の男は、料理人のプライドを持って有言実行を果たしたらしい。
 俺には誕生日に食うケーキの大事さなんてものはわからないが、ニキが満足そうにしているからこれがこいつにとって大事なことだということだけはわかる。
「ニキきゅんはほんと、俺っちのことがすきだよなぁ」
「僕は燐音くんよりもケーキの方が好きっすけどね。今食べます? それとも楽しみは明日に取っとくっすか?」
 両手にケーキ皿を持ったまましっぽを振らんばかりに口を開けた間抜け面。
 それを見れば答えなんて一目瞭然だ。

「俺っちさっき飯食ったから腹いっぱいなんだけどなぁー」

 たまには下僕の満足感を満たしてやるのも主人の務めだろう。2028 文字