Recent Search
    You can send more Emoji when you create an account.
    - or -

    ჯびたず

    @bach_plant

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 32

    ჯびたず

    ☆quiet follow

    髭バソ。座の世界の二人でバソ誕。
    髭の船から朝帰りした後は、クルーからもお祝いされるよ!
    《注意》
    ・座の世界で普通に生活してるイメージ
    ・ほんのちょっとだけ、ハウ+バソ

    ##髭バソ

    舞い降りる祝福 音もなく宙に現れた紙片が、ひらひらと舞い降りる。
     船長室の椅子に腰掛け、海図を広げていたバーソロミューが、その紙片を掌で受け止めた。記された文字を指先でなぞり、目を細める。
    「Penblwydd hapus——」
     懐かしい響きを噛み締めるように、ゆっくりと読む。片手に収まる大きさの紙片を改めて両手で掬うようにしてそっと唇を寄せる。机の片隅に置いてある、生前に使用していた海図にそれを挟んだ。
    「……ありがとうございます」
     己の船の、船長室にだけ降ってくる紙片。なぜか、同じ座にいる筈の彼の言葉が最初に届くのを不思議に思うと同時に、温かい気持ちに包まれる。
     それを皮切りに、次々と紙片が舞い降りてきた。バーソロミューは海図を畳み、頬杖を突いてその様を眺める。
    『Buon compleanno』
    『Joyeux anniversaire』
    『Χρόνια πολλά』
    『生日快乐』
    『誕生日おめでとう』
     ひらりひらりと舞い降りる祝福の言葉は、生前では目にしたことの無いものもある。しかし、英霊としてある今では、全ての意味が分かる。その一つ一つを読み、ふと微笑む。
    「……嬉しいものだな」
     自分たちが生きていた世界は、どうなっているのか。この世界は、昼夜の別は作られているものの、日付は無い。なのに彼からの言葉が最初に届き、次々と紙片が舞い降りることで、そちらの世界で己の生まれた日が来たことを知る。

    「おーおー、降ってんなー」
     ノックというには大きすぎる音を立てて扉を叩き、返事も待たずに入ってきた男が、暢気な声を上げた。
    「素敵だろう。今回も世界中から、祝福の嵐さ!」
     机上に降り積もる紙片を前に、バーソロミューが大きく腕を広げて笑う。
    「で?黒髭。お前からは?」
     机越しに髭の先に触れ、ニヤリと笑うと黒髭も歯を見せた。
    「そのために、バーソロミュー殿をお迎えに上がったのよ。まぁ、まずは」
     身を乗り出し、祝福の言葉が舞い降りる中で口付ける。
    「……Happy Birthday,Black Bart.」
     低く掠れた声で囁き、頬に口付ける。目を開いて、濡れた唇のままバーソロミューが微笑んだ。二人の髪に付いていた紙片が、数枚落ちていく。
    「ここでもいいんだが、ベッドにも降ってきたら流石にアレだからなぁ」
    「……朝戻ったら、机が埋まっているかもしれないな。そうしたら、お前も手伝えよ」
     『特別だからな』と黒髭が笑い、机を離れる。バーソロミューもその後を追って、船長室を出た。
     
    (誕生日に別の世界で、しかも、かの黒髭の腕の中で朝を迎えるとはね)
     この世界に来て、黒髭と今の関係になってから何度も経験したが、その度に不思議に思う。それも含めて、楽しんでいることも確かだが。薄明かりの中、黒髭の寝顔を眺めてバーソロミューが微笑んだ。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    ❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤💖😍😍😍😍😍😍😍😍😍😍💒💒💒💒💒💒💒💒💒💒
    Let's send reactions!
    Replies from the creator
    Hide ads with PoiPass!