Recent Search
    You can send more Emoji when you create an account.
    Sign Up, Sign In

    ჯびたず

    @bach_plant

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 🌷
    POIPOI 40

    ჯびたず

    ☆quiet follow

    髭バソ。座の世界の二人でバソ誕。
    髭の船から朝帰りした後は、クルーからもお祝いされるよ!
    《注意》
    ・座の世界で普通に生活してるイメージ
    ・ほんのちょっとだけ、ハウ+バソ

    ##髭バソ

    舞い降りる祝福 音もなく宙に現れた紙片が、ひらひらと舞い降りる。
     船長室の椅子に腰掛け、海図を広げていたバーソロミューが、その紙片を掌で受け止めた。記された文字を指先でなぞり、目を細める。
    「Penblwydd hapus——」
     懐かしい響きを噛み締めるように、ゆっくりと読む。片手に収まる大きさの紙片を改めて両手で掬うようにしてそっと唇を寄せる。机の片隅に置いてある、生前に使用していた海図にそれを挟んだ。
    「……ありがとうございます」
     己の船の、船長室にだけ降ってくる紙片。なぜか、同じ座にいる筈の彼の言葉が最初に届くのを不思議に思うと同時に、温かい気持ちに包まれる。
     それを皮切りに、次々と紙片が舞い降りてきた。バーソロミューは海図を畳み、頬杖を突いてその様を眺める。
    『Buon compleanno』
    『Joyeux anniversaire』
    『Χρόνια πολλά』
    『生日快乐』
    『誕生日おめでとう』
     ひらりひらりと舞い降りる祝福の言葉は、生前では目にしたことの無いものもある。しかし、英霊としてある今では、全ての意味が分かる。その一つ一つを読み、ふと微笑む。
    「……嬉しいものだな」
     自分たちが生きていた世界は、どうなっているのか。この世界は、昼夜の別は作られているものの、日付は無い。なのに彼からの言葉が最初に届き、次々と紙片が舞い降りることで、そちらの世界で己の生まれた日が来たことを知る。

    「おーおー、降ってんなー」
     ノックというには大きすぎる音を立てて扉を叩き、返事も待たずに入ってきた男が、暢気な声を上げた。
    「素敵だろう。今回も世界中から、祝福の嵐さ!」
     机上に降り積もる紙片を前に、バーソロミューが大きく腕を広げて笑う。
    「で?黒髭。お前からは?」
     机越しに髭の先に触れ、ニヤリと笑うと黒髭も歯を見せた。
    「そのために、バーソロミュー殿をお迎えに上がったのよ。まぁ、まずは」
     身を乗り出し、祝福の言葉が舞い降りる中で口付ける。
    「……Happy Birthday,Black Bart.」
     低く掠れた声で囁き、頬に口付ける。目を開いて、濡れた唇のままバーソロミューが微笑んだ。二人の髪に付いていた紙片が、数枚落ちていく。
    「ここでもいいんだが、ベッドにも降ってきたら流石にアレだからなぁ」
    「……朝戻ったら、机が埋まっているかもしれないな。そうしたら、お前も手伝えよ」
     『特別だからな』と黒髭が笑い、机を離れる。バーソロミューもその後を追って、船長室を出た。
     
    (誕生日に別の世界で、しかも、かの黒髭の腕の中で朝を迎えるとはね)
     この世界に来て、黒髭と今の関係になってから何度も経験したが、その度に不思議に思う。それも含めて、楽しんでいることも確かだが。薄明かりの中、黒髭の寝顔を眺めてバーソロミューが微笑んだ。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    ❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤💖😍😍😍😍😍😍😍😍😍😍💒💒💒💒💒💒💒💒💒💒
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    recommended works

    かほる(輝海)

    DONEシティーハンター
    冴羽獠×槇村香
    原作以上の関係

    獠と香ちゃんが好きなかほるさんには「ほら、目を閉じて」で始まり、「ここが私の帰る場所」で終わる物語を書いて欲しいです。できれば3ツイート(420字)以内でお願いします。
    #書き出しと終わり #shindanmaker
    https://shindanmaker.com/801664

    だって、好きなんだもん(*´艸`*)
    しょうがないよね😂😂
    「ほら、目ぇ閉じろよ」
     いくらキスをするときは目を閉じるのが礼儀でも、それはできない。真っ昼間の明るい獠の部屋で、なぜか獠に押し倒されているあたしは、獠を睨みつけていた。今、この状況で目を閉じてしまったら、それは同意として取られてしまうに違いない。それだけは嫌だ。まだ、昼から伝言板を見に行かなきゃいけないし、ビラ配りもしたい。あんたとここでもっこりが始まっちゃったら、それが全部できなくなる。
    「つまんねぇ意地張ってると、襲っちまうぞ?」
    「最初からそのつもりのくせに!」
     両手で押し退けたって、獠の身体はびくともしない。首筋にキスをされたら、力が入らなくなる。
     どうしてこの男は、いつもこうなんだろう。そんなに心配しなくても、あたしはもう、他に行く場所なんてないのに。あたしが愛しているのは、獠だけ。毎夜毎夜、そう言ってるじゃない。あたしはずっと、獠のそばにいる。夜になれば、あたしは必ずここへ帰ってくるわ。だって、ここがあたしの帰る場所だもん。

       了 434

    アサトッツォ

    SPOILER野金薊の水彩絵、「喪失」の自己解釈語り。
    私が公式なのに考察始めるの草
    ー金も、色も、友も、心も、体も全て失った。

    色、手錠、入院着、喪失、救済

    鮮色が、鮮やかな感情が薊から抜けていく、濁りを受け入れそんな心を持って、生きていかざるを得ない。それが彼の運命。
    抜けゆく心は彼を避けるように未来(薊の後ろ、紙で言う上)へ。
    ※彼を見捨てないかのように漂うバヂターブルーとブリリアントピンク
    彼を纏うは酷く冷たい白
    ーーーーーーーーーー
    スマホのメモに残ってたやつ。あとは画像の方の読めない文字と意味のわからない言葉で書いてあることなのですが、野金薊の鮮やかな輝いた、宝石のような彼自身は彼を置いていってしまったし、置いていかれた彼はもう色の、世界の濁りとしてみられ扱われてしまうのだろうか。
    ※使った色が濁ってて汚い、嫌いだとかそんな意図はないです。

    最後に彼にバヂターブルーとブリリアントピンク(花韮と木暮の水彩イメージカラー)をのせていて、それは手錠が外れようとも、放たれることすら苦しく思えてしまう。そんな彼への、救済であると願う。

    暖かく、冷たい白が、愛が彼を包む。
    ーーーーーーーーーー

    ただ、ひとりだけの。君の人生に祝福を。 486