ポイパスで自分のページの背景を設定!

かほる(輝海)

@kahoru1010

テキストは個人的に作られた非公式のものです。
原作者様・出版社様・版権元様とは一切関係ありません。
無断転載・複製・複写・インターネット上への掲載(SNS・ネットオークション・フリマアプリ含む)は禁止します。

(えろメインの)字書きです。
絵はアイコンレベル。
小説画像メイン。
時々趣味のアイロンビーズやハンクラ作品を投稿。
18歳未満はフォロー非推奨。

シティーハンター(獠香)
逆転裁判(ナルマヨ)

いつもリアクションありがとうございます(*´ω`*) 
単純な人間なので、反応があると嬉しくて、また次の作品を書く励みになります。

ここの使い方→https://poipiku.com/76184/1140783.html
まとめとか→https://www.pixiv.net/member.php?id=24705905
ここでは投稿できない長さの話→https://galleria.emotionflow.com/79737/
通頒とか→https://zr-7blue.booth.pm/

☆こそフォロ リクエスト おふせ
ポイポイ 371

かほる(輝海)

☆こそフォロ

シティーハンター
冴羽獠×槇村香
原作以上の関係

あなたはかほるさんちの香ちゃんで
【君の口から / 今夜も眠れない】
をお題にして140字SSを書いてください。
#shindanmaker
https://shindanmaker.com/780366
寝れるのは明け方でしょうね(*´艸`*)

#シティーハンター #cityhunter #冴羽獠 #槇村香 #小説 #掌編 #R18小説 ##CH/R18

タップで全画面(原寸:910x590)無断転載禁止
😍💞😍😍😍😍😍💖👍🍌💘🍌💖💖🙏💘😍😍😍😍💕🍌😍💕😍💖💞💘💗❤🙏💕💓💖😍😍😍💜😍❤💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕😍😍💖😍❤💕💴😍☺
リアクションを送って応援しよう!
ポイパスで広告非表示!  

かほる(輝海)

できたシティーハンター
冴羽獠×槇村香
原作以上の関係

背中合わせに座ってる二人を書いてみたくて、書いてみた(*´ω`*)

話の中で二人は服を着てませんが、ほぼ会話だけなので全年齢とします。
We are Buddy. ふと目が覚めてみると、大きな背中が視界に入った。広々と、そして隆々とした、傷だらけの背中。少し背を丸くして、獠はベッドサイドに腰掛けていた。その肩は一定のリズムを刻みながら、静かに上下を繰り返している。あたしは、身体に掛けられていたシーツを払って起き上がった。
 獠の背中には、今夜あたしが残した傷以外にも、生々しい打撲の痕が残っていた。それは、あたしを庇ったがために受けた傷だった。獠はいつも、依頼人やあたしが爆発に巻き込まれたとき、必ず庇ってくれる。その大きな身体を盾にして、爆風や瓦礫から守ってくれるの。今日だって、そうやってあたしを守り、獠は負傷した。
 それが、獠の仕事。それが、獠の生業。あたしも、頭ではわかっている。けれど、こうして獠の背中を見ていると、あたしのせいで傷つけてしまった事実を、改めて突きつけられた気がした。あたしは、獠の背中へ手を伸ばした。でも、その肌へ触れる直前で、あたしの手が止まった。――触れたからと言って、何が変わるのだろう。謝ったって、慰めたって、感謝したって、この傷が消えるわけじゃない。そもそも、獠自身はそんなことを望んでいない。それは、誰よりもあたしが一番よくわかっている。だからあたしは、その傷に触れることも、その傷ついた背中を抱きしめることもできなかった。それならば、せめて――。
2392 文字

同じタグの作品

かほる(輝海)

できたシティーハンター
冴羽獠×槇村香
原作レベルでも原作以上でも。

例のマフラーについての捏造話。
『……これ、お前にやるよ』
 遡ること数週間前、あたしはリビングで突然、獠に紙袋を押し付けられた。中を覗くと、黄色いマフラーが入っていた。これってまさか、獠からのプレゼント……? でも、その日はあたしの誕生日でもなければ、クリスマスでもなかった。
『どうしたの、これ……』
『キャバレーの福引で当たったんだ。どうせ俺は使わねぇしな。気に入らないなら捨ててくれ』
 獠はそう言い残して、リビングを出ていった。

 あたしのために選んでくれたわけでもなく、邪魔なものを押し付けられただけ。ほんの数十秒前までは、喜びで満ちていたあたしの心が、急激に冷えていった。それでも、獠がくれたものだし、捨てるのも忍びなく……。なんだかんだ言って、獠があたしへ初めてくれたプレゼントでもあったし、あたしはそのマフラーを大切に使うことにした。

 しばらくして、あたしはそのマフラーを身に着け、キャバレーへツケを払いに行った。ママへ直接マフラーのお礼を伝えたら、怪訝な顔をされた。
『そんな福引、うちの店ではやってないわよ。よその店の間違いじゃない……?』
 いや、聞き間違いは無いはずで、獠は確かにここの店だと言ってい1560 文字

かほる(輝海)

できたシティーハンター
冴羽獠×槇村香
原作以上の関係

獠と香ちゃんが好きなかほるさんには「ほら、目を閉じて」で始まり、「ここが私の帰る場所」で終わる物語を書いて欲しいです。できれば3ツイート(420字)以内でお願いします。
#書き出しと終わり #shindanmaker
https://shindanmaker.com/801664

だって、好きなんだもん(*´艸`*)
しょうがないよね😂😂
「ほら、目ぇ閉じろよ」
 いくらキスをするときは目を閉じるのが礼儀でも、それはできない。真っ昼間の明るい獠の部屋で、なぜか獠に押し倒されているあたしは、獠を睨みつけていた。今、この状況で目を閉じてしまったら、それは同意として取られてしまうに違いない。それだけは嫌だ。まだ、昼から伝言板を見に行かなきゃいけないし、ビラ配りもしたい。あんたとここでもっこりが始まっちゃったら、それが全部できなくなる。
「つまんねぇ意地張ってると、襲っちまうぞ?」
「最初からそのつもりのくせに!」
 両手で押し退けたって、獠の身体はびくともしない。首筋にキスをされたら、力が入らなくなる。
 どうしてこの男は、いつもこうなんだろう。そんなに心配しなくても、あたしはもう、他に行く場所なんてないのに。あたしが愛しているのは、獠だけ。毎夜毎夜、そう言ってるじゃない。あたしはずっと、獠のそばにいる。夜になれば、あたしは必ずここへ帰ってくるわ。だって、ここがあたしの帰る場所だもん。

   了434 文字

おすすめ作品