Recent Search
    Create an account to bookmark works.
    Sign Up, Sign In

    Haz757575

    @Haz757575

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 3

    Haz757575

    ☆quiet follow

    大家跟莎夏一起吃肉!!
    eat with Sasha!

    #團兵
    soldiers
    #eruri
    #エルリ
    auricular

    Tap to full screen (size:2894x4093).Repost is prohibited
    💖💖💯💯💯💯💒🇪🇱🇴ℹ💒🌋🇱🇴🇻🇪💒💒🌋🌋💯💯❤☺😭🌋🙏🍑🌋🌋💒🍌😂😂😂😋😋😋😋😋😍😍💖💖💖💖💖💖💖💖💖😍💯💯❤🍗🍖🍨
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works

    niesugiyasio

    INFO原作軸の冬のエルリエルヴィンはシガンシナでの冬のある日を思い出していた。あの年はなかなか冬らしくならなかったところに、急な冷え込みが訪れたのだった。エルヴィンは寒がりな方ではないが、突然の寒さにいくらかおののいた。
    凍てつくような空気に、思わず身を縮こまらせる。吐く息が白い。桶の水に氷が張っている。空はすでに明るいが、まだ日は差し始めていない。早朝の道を、ウォール・マリアの農地に向かう人々と、シガンシナ区の市中に向かう人々が行き交っている。
    エルヴィンは道の向こうにちいさな背中を見つけた。自由の翼のついた外套に、ちいさな頭。彼が何をしているのか、すぐには分からなかった。その場で足踏みをしては一歩動き、また足踏みをしている。足踏みといっても行進の訓練のような規則的なものではなく、地面を見下ろしながら無心に、かつ不規則に土を踏んでいる。しばらく見ていれば分かった。霜柱を踏んでいるのだ。音や感触が小気味よいのだろうか、背中が楽しそうだ。子どもみたいだ、と思ってしまう。鉄面皮と言われるほど表情の変わらぬエルヴィンの頬が綻ぶ。地下街は年間を通してさほど気温が変わらないと聞く。つまり、彼にとって、初めての冬だ。これ 2574