Recent Search
    Sign in to register your favorite tags
    Sign Up, Sign In
    - or -

    _gomi_katamari_

    @_gomi_katamari_

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 4

    _gomi_katamari_

    ☆quiet follow

    1/23の ディルガイ新刊サンプルです。
    🔥が悪夢を見る話。話が進むにつれ
    寝不足から夢と現実の区別がつかなくなっていきます。
    B5/50P(カラーページ含む) 700円 全年齢
    ツ38a でスペースいただいています!

    Tap to full screen (size:2026x2854).Repost is prohibited
    💖💖💖❤💯💯💖💖💖💖
    Let's send reactions!
    Replies from the creator
    Hide ads with PoiPass!  

    recommended works

    のくたの諸々倉庫

    DONE「たとえ話だよ、そんな顔しないでってば」/ディルガイ(+ウェン)

    こういう不穏な神様いっぱい吸いたい
     グラスの中の氷がからん、と軽やかな音を立てた。
    「そういえば今日、お前のことを『神に愛されし存在だ』……なんて言ってるやつがいたなあ」
    「……なんだそれは。褒めているのか?」
     酒を片手にニヤニヤと、やけに機嫌のよさそうなガイアに目をやる。その肌の色のせいで分かりにくいが、上気した頬ととろけた声は酔っぱらっている証だった。
    「まあ前後の話からするに、神に愛されて色んなものをもらった人だ、とかいう感じだったな」
    「……そうか。その全てを否定するわけではないが……妙な気分だな」
    「お前は努力家だもんなあ。その実力は神なんかが与えてくれたもんじゃない、って言いたいんだろ?」
    「……『なんか』とは思わないがな。ある程度生まれ持ったものがある上に、研鑽を重ねた結果だよ」
    「ふうん……」
     不愉快、とまではいかないものの、さもつまらなさそうにまた、ちびちび酒を口にする。そうしてガイアはまた、「それじゃあきっと、俺はとんでもなく神に嫌われてるだろうなあ」と。
    「……理由を訊いても?」
    「いいぜ、とはいっても別に俺自身が不幸だとか思ってるわけじゃない。いつものことだろ、俺とお前は昔から何もかも反対だ 1114