Recent Search
    Create an account to secretly follow the author.
    Sign Up, Sign In

    kan_zatt

    @kan_zatt

    R18作品のpass:鍵垢(@8scsh)の固定にあります
    全て共通です

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 🌟 🎈 💛 💜
    POIPOI 42

    kan_zatt

    ☆quiet follow

    司類🔞
    ※下品注意

    喘ぎ声汚いのを気にしてはいるものの我慢ができない🎈
    バリバリにオホ声なので好きな方だけ見てください
    pass:鍵垢(@8scsh)の固定にあります

    #司類
    TsukasaRui

    Tap to full screen (size:1350x753).Repost is prohibited
    ❤❤💞💞💞💜💜❤💜💜🌋💜💜💜🍌🍌🍆🍆🍆☺☺☺☺☺☺💖🌋❤❤🍆🍆💯💯💞😭😍🇴🌋💖💜💜❤💜❤💜💜💜💜💜🇪🇱🇴💜💜💜💖🍑😍💜
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    たまぞう

    DONE先にポイピクに載せます。
    日曜になったら支部に載せます。
    将参のお話。この間のとはセカイは別になります。
    ちょっと痛いシーンがありますがそこまで酷くないです。
    寧々ちゃんが森の民として出ますが友情出演です。
    最初と最後に出ます。
    何でもいい人向けです。
    将校は参謀と同じ痛みを感じて(物理的)生きたいというよく分からないお話ですね。
    誤字脱字は見逃してください。それではどうぞ。
    将参(友情出演寧々)「ねぇ、その首の傷痕どうしたの?」
    「っ、っっ!?」

    仕事の休憩中に紅茶を飲んでいた時のこと。
    正面の窓から現れた少女に私は驚き、口に含んでいた紅茶を吹き出しそうになった。

    「っ、ごほ…っ、げほっ、ぅ………。来ていたのですか…?」
    「うん。将校に用事があって……というか呼ばれて」
    「将校殿に?」

    森の民である緑髪の少女ーーー寧々は眉を顰めながら、私の首をじっと見つめている。そこには何かに噛み千切られたような痕があった。

    あの日のことを話そうか、少し迷っている自分がいて。
    どうしようかと目線を泳がせていると、寧々が強い力で机を叩く。

    「ほら!話して!」
    「………わっ…!わかり、ました」








    あまりの気迫に押された私はぽつりと語り始めた。
    6486

    recommended works