Recent Search
    You can send more Emoji when you create an account.
    Sign Up, Sign In

    高間晴

    @hal483

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 385

    高間晴

    ☆quiet follow

    敦太。らんぽさんが仕事をしてくれない。

    ##文スト

    まちがいさがし 武装探偵社、某日。
    「太宰さ~ん……」
     敦が眉尻を下げしょんぼりとした顔で太宰の傍に立つ。デスクで全くやる気の出ないPC作業をしていた太宰は「どうしたんだい?」と首を傾げた。
    「国木田さんから頼まれた書類を乱歩さんに持って行ったんです。でも、乱歩さんが『これが解けたら仕事してあげる』って云って……僕には全然解けなくて……」
     そう云って一枚の紙を差し出してくるので受け取る。上の方には『まちがいさがし:むずかしい』とあり、その下には一見全く同じに見える絵が二つ並んでいた。子供用の塗り絵にも似た簡単な絵だ。それは夜空の月を見上げる兎と、風に靡くススキと三方に乗った団子が描かれている。ついでに下の方には『まちがいは四つ!』とある。心の中で溜息をついた。
     嗚呼、あの乱歩さんならやる。入社したてのこの新人君は彼のいい玩具だろう。でも、このままでは国木田君の雷が敦君に落ちかねない。
     太宰はちらりと乱歩のデスクを見やる。彼は行儀悪くもデスクに広げた駄菓子を食べながら、携帯ゲーム機に夢中だ。視線を敦に戻すと小声で訊く。
    「――敦君、乱歩さんは『君一人で解け』とは云わなかったんだね?」
    「はい。だから一寸ズルですけど太宰さんならわかると思って」
     短絡的に云ってしまえば揚げ足取りだが、敦は意外と人の言葉の抜け穴を理解している。それを聞いた太宰は満足げに笑うとこう告げた。
    「五秒で解いてあげるよ」
    「本当ですか!?」
     太宰は紙を机の上に置いた。
    「先ずは此処。月が雲に隠れてない。次、ススキの本数が違う」
     指差しながら一つずつ敦に教えていく。「うわあ、ホントだ」と感嘆の声が上がる。
    「……それから最後。『まちがいは四つ!』だ。これには此処を含めて間違いは三つしか無い」
    「ええ~、そういうの有りなんですか」
    「さあ、乱歩さんのところに行っておいで」
    「は、はいっ」
     間違い探しの紙を押し付けるように敦に返すと、太宰は頭の後ろで手を組んだ。
     開いた窓から仄かに金木犀の香りが漂っている。今日もいい日和だ。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    👍❤💞
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    recommended works