Recent Search
    Sign in to register your favorite tags
    Sign Up, Sign In

    高間晴

    @hal483

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 385

    高間晴

    ☆quiet follow

    天高く、 伊音ちゃんの提案で、今日は天気もよくて涼しいから屋上でお昼を食べようということになった。
     二人揃って屋上への階段を登り、重たい鉄製のドアを引き開ければ、雲ひとつない青空が広がっている。そよぐ風も少しひやりとしていて、清々しい。
    「わあ……なんか秋だねえ」
    「だろー? でも予報だとまた来週くらいから暑さぶり返すらしいけどさ」
     二人で話しながら頑丈なフェンス、その手前の段差に腰掛ける。私はお弁当、伊音ちゃんは購買で買ったパンだ。お弁当の包みをほどいてお弁当箱を開ける。すると伊音ちゃんが隣から覗き込んできて、「おお」と驚いたような声を上げた。
    「鈴の弁当、いつ見てもうまそうだよなぁ。あたし料理なんか全然できねーからすごいと思う」
     そうかなぁ、と私は首を傾げて自分のお弁当の中を改めて見てみる。今日のおかずはハンバーグ、玉子焼き、ウィンナー。あとは彩りにプチトマト。どうしても肉が好きなので、肉系のおかずをダブらせがちなのが目下の悩みといえば悩み。貧血で倒れたこともあるから、栄養バランスには気をつけなければいけないのだけど……やっぱり自分で作って自分で食べるお弁当だから、好物ばかり入れがちだ。
    「弁当作るのって大変だろ?」
    「簡単だよ? 玉子焼き作って、そのまま同じフライパンでウィンナー焼くでしょ? それから……」
    「いやその玉子焼きがまず作れねーわ」
     伊音ちゃんはパックのいちごオレにストローを突き刺すと一口飲んだ。それからパンの袋を開けてやきそばパンを一口頬張る。私もウィンナーを箸でつまむと口へ運んだ。何度か噛んで飲み込んだ後、ふと思いついたので、お弁当の中の小さめのハンバーグを箸で示して訊いた。
    「伊音ちゃん。このハンバーグ、どうしたと思う?」
    「え? あ、そうだ! ハンバーグなんて作るのめちゃくちゃ時間かかるだろ」
     そこで私は、ふふ、と小さく笑って秘密を明かすときのように小声で囁いた。
    「これ、冷凍食品。朝に凍ったままのを入れておくだけで、お昼ごろにはいい感じに溶けるの」
    「マジで!? そんなんあるのかよ」
     予想した通りの反応。しかもこう言うだろうな、って思ったそのままの台詞。だから私はなんだかおかしくなって喉を鳴らすような笑いを止められない。
     伊音ちゃんは勉強をまともにしなくても成績はトップクラスなのに、私が当たり前に知っていることを知らない。ずっと一緒にいても飽きないのはそのせいかなぁ、なんて。
     そんなことを考えていたら今度は彼女のほうが何か思いついたらしい。
    「その玉子焼き食べさせてくんね? 帰りにファミチキ奢るからさ」
    「私に得しかない交換条件だけど、そこまでして食べたいの?」
     そう訊いてみれば、力強い頷きが返ってくる。
    「前に鈴の家で食べた手料理、美味かったからさー」
     そこまで言われては仕方ない。私は玉子焼きを箸でつまむと、彼女の口を開けて待っているところにそっと入れてあげた。なんかこれ、餌付けしてるみたいな気がする。ちょっと楽しい。
     箸を引っ込めると、彼女は口をもぐもぐさせながら親指を立ててみせた。ごくんと飲み込んでから楽しそうに笑いかけてくる。
    「うまい!」
    「ありがと」
     シンプルな褒め言葉に、嬉しくなってしまう。
     そうだ、今度もう少し大きいお弁当箱を買って、伊音ちゃんのつまみ食い分も作ろうかな。どうせ詰める量がちょっと増えるだけだから。これが二人分のお弁当を作るとなったら、「それは平等じゃない」って絶対に反対してくるだろうし。
     何と言っても、さっきのあれ。自分の箸で伊音ちゃんにおかずを分けてあげるの、またやりたいから。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    recommended works

    高間晴

    DOODLEチェズモク800字。チェがモの遺書を見つけてしまった。■愛の言霊


     ヴィンウェイ、セーフハウスにて。
     昼過ぎ。チェズレイがモクマの部屋に、昨晩置き忘れた懐中時計を取りに入った。事前にいつでも部屋に入っていいと言われているので、こそこそする必要はない。部屋の中はいつもと同じで、意外と整理整頓されていた。
     ――あの人のことだから、もっと散らかった部屋になるかと思っていたけれど。よく考えればものをほとんど持たない放浪生活を二十年も続けていた彼の部屋が散らかるなんてないのだ。
     ベッドと机と椅子があって、ニンジャジャングッズが棚に並んでいる。彼が好きな酒類は「一緒に飲もう」と決めて以来はキッチンに置かれているので、その他にはなにもない。チェズレイはベッドサイドから懐中時計を取り上げる。と、ベッドのマットレスの下から何か白い紙? いや、封筒だ。そんなものがはみ出している。なんだか気になって――というよりは嫌な予感がして、半ば反射的にその封筒を引っ張り出した。
     その封筒の表には『遺書』と書かれていたので、チェズレイは硬直してしまう。封がされていないようだったので、中身の折りたたまれた便箋を引き抜く。そこには丁寧な縦書きの文字が並んでいて、そ 827