Recent Search
    Create an account to bookmark works.
    Sign Up, Sign In
    - or -

    expired_lilac

    @expired_lilac

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 🐯 ❤ 😎
    POIPOI 10

    expired_lilac

    ☆quiet follow

    동물화~ 흑여우x설표 게토고죠

    #夏五
    GeGo

    Tap to full screen (size:1452x1440).Repost is prohibited
    💙💙💙💙👏👏💘💘💘💘💘💘💘😻😻😻😻👏😍💞💞💞🌋💳💳💳💳💳💳💳💳💳💳😭🙏🍼💗💴😭💘💘💘😍🌋🙏💖💖💖👏❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤
    Let's send reactions!
    Replies from the creator
    Hide ads with PoiPass!  

    related works

    recommended works

    _hpink

    TRAINING2/5ワンライ
    お題【玉手箱/アイロン/忖度】

    夏油が高専を去った後、夏油が持っていた写真を見る五条のお話です。ちょっと暗めです。
    瞳の先 傑がいなくなってすぐ、彼の部屋は高専の上層部によって手が入った。傑が使っていた呪具から、傑が使っていた教科書まで、彼が呪いを残せるもの全てが持ち出され、やがて呪術師の手によって祓われ焼かれた。それは突然のことだったので、俺は少し待ってくれ、俺にもその箱たちの中身を見せてくれとせがんだ。けれど彼らは友人だった、いや五条家の人間だった俺の気持ちを認めず、結局この手には何も残らなかった。傑がいた教室はいつの間にか席は二つになり、彼が三年間を過ごした寮の部屋は封印された。俺は最後に会った時、何も出来なかった自分が不甲斐なく思えた。けれど彼が生きているだろうことには、少しばかり安堵した。あんな大量殺人を犯した友人が生きていることを、だ。高専に潜り込んでいる五条家の間諜に調べさせたところによると、上は彼を殺そうとはせず、様子見をするようだった。もしかしたら、傑が何か企んだのかもしれない。呪詛師となった彼が仲間を得たら、高専といえどおいそれと手出しは出来ないだろうから。
    1916