Recent Search
    Sign in to register your favorite tags
    Sign Up, Sign In

    オサハタ

    長い文章はpixiv↓
    http://pixiv.net/users/35609325
    カプものR18はピクブラにだったり↓
    https://pictbland.net/beak_of_crow
    マシュマロ
    https://marshmallow-qa.com/alcohol_20over?utm_medium=url_text&utm_source=promotion
    Wavebox(匿名メッセージ)
    https://wavebox.me/wave/70id223vl3d3m29o/
    お差し入れ(giftee欲しいものリスト)
    https://giftee.com/u/osahata
    雑談お喋り(にじみす)(osa_hataまたはオサハタで検索すると出ると思います)
    https://nijimiss.moe

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 🍑 🌱 📱 🐐
    POIPOI 883

    オサハタ

    ☆quiet follow

    https://poipiku.com/275708/6012931.html
    の前日譚。

    先の未来のプロポーズのはなし。

    #半サギョ

    家族(another side) 先輩は、よく先の話をする。
     明日、来週、次の季節、来年、そして、いつかという見えないところまで。
     その度に僕は、できたら、とか、そうなるといいですね、とか、返してきた。
     そうすると先輩は、張り合いがないな、と肩を竦めていた。
     だって分からないじゃないか、先のことなんて。
     いつまでもふたりでこうしていられるとは限らない、出会いがあれば別れもある、こんな仕事でいつどうなるかも知れやしない。だから期待し過ぎないようにしないと、って、そういう僕なりの気の持ち方なんですよって、話したことも何度かある。
     そうすると、先輩は今度は、何にも言わずに苦しそうに、少しだけ、目を細くしていた。
     


     それから経たかなりの年月。
     互いにそれなりの立場に就き、あの頃とは違う気苦労にさらされてはいてもなんの因果か幸運か、帰る場所は同じ。
     交わすのは代わり映えのしない他愛のない会話、それでも、おはよう、おやすみ、いただきます、ごちそうさま、いってきます、いってらっしゃい、そんな当たり前の言葉を交わせる日々が有難いと思えていた。


     そんな折。


    「具体的な、未来の話をしよう」
    と、先輩は言った。
     今更、とは、思わなかった、思えなかった、その真剣な眼差しを正面から受けてしまっては。
    「俺は自分の隊で、俺に勝るとも劣らない索敵能力に長けた者を育てた。お前の隊には、お前の眼鏡にかなう腕前の者がいる、ならばそろそろ、俺たちは、もう少しくらい、我を出してもいいのではないか?」
    語りながら握られた手。
     それはどちらも、あの頃のような瑞々しさなど、ない。
     それでも──暖かさは、変わって、いない。
    「俺は、お前と、共に生きたい」
    その言葉の意味するところが、分からないような浅い付き合いではない。
    「俺は近々、母に吸血鬼にしてもらう。だから、選んでほしい、お前に。

     人として生き抜くか、俺と同じく吸血鬼になるか、それとも、使い魔に、なってくれるか」

     先輩はそこで言葉を一度、止めて、

    「双方に利点と障害がある、まず──」
    と、言葉を続けようとしたけれど、
    「知っています、貴方は、教えてくれていた、これまで、何度も」
    僕は、それを止めた。


     先輩は混血、吸血鬼側の親に血を分け与えられればそのまま吸血鬼になれる。
     一方人間はそうはいかない、素質の有無、ともすれば傀儡、そうならないための下準備には期間が必要、その代わりの利点として各々が個として存在できる。
     要は、永い年月の間で片方、もしくは双方に心変わりがあっても、道を違えて生きていける。

     一方使い魔になるには然程の障害はない、成るための期間は個体によって差はあれど、元の性質が変わらないのだから。
     代わりに、主から離れられないという制約がつく。
     心変わりを是とするならば、永遠の別れ。

     それが、利点と障害。

     
     頭の中で反芻して、そして、それから僕は改めて先輩を見つめた。

     その瞳は暗くて、そう、不安そうな、色で満ちていて──我慢がならなかった。

     握られていた手を掴み返して引き寄せた。 

     間近に迫った金色、これが見られるのは後僅かだ、近いうちにここは、赤く染まるのだろう。
     だけどそれもきっと、綺麗なのだろうな。

     想像だけでうっとりしながら、僕は、言った。

    「僕は、貴方の使い魔がいいです」

     ぎゅっと縮まった金色。
     先輩は、驚いていた。

    「いい、のか?」

     僕は頷いた。

    「それが、いいんです」

     先のことなんてわからない、その考えは今も変わっていない。
     未来にどんなイレギュラーが待っているかなんて知れやしない、だけど、だからこそ──

    「どんなときも、『一緒』が、いいんですよ」

     死がふたりを分つまで、なんて、くだらない、死ぬときも一緒、それがいいんじゃないか、それができるなんて、最高じゃないか。

     抑制なく笑った僕に、先輩も、目を細めてくれた。
     今度は、苦しそうじゃなく、嬉しそうに。

     その瞳は明るくて眩しくて、目がくらんで、思わず瞼を全部伏せて、笑みの形のままの唇を重ね合った。









     ──それからしばらーく、後の話。


    「やっぱり片方だけでも昼間動ける方が、諸々の手続きなり金融関係なり、滞りなく動けていいですよね」
    「……もしかして、だから使い魔を選んだのか……?」
    なんて会話があって、じっとりとした半眼の先輩に弁解するのに一苦労だったのは、また別の話だ。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    ☺☺☺👏👏👏❤❤❤❤💖💖💖💖💖💖💖💖💖💖🍌💘
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works