Recent Search

    AmA°

    できる時にできるだけ
    Twitter→@ama_d0

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 43

    AmA°

    DONEインターンから帰ったフロイドを待っていた一通の手紙。

    そして付き合ってたフロジェイが結婚する話。
    さがさないでください探さないでください。

    一年ほどのインターンを終えたフロイドは、軽い足取りでオクタヴィネル寮の自室へと向かっていた。
    ジェイドの顔が早く見たい。触れ合いたい。渡したいものも、見せたいものも、食べさせたいものもたくさんある。
    4年次のインターンはそれぞれ別のところで技術を学び、卒業したら起業する。そう言ったアズールは、当然お前たちもついてくるだろう、と自信に満ち溢れた表情だったと記憶している。フロイドも、ジェイドも当然のように頷いた。フロイドは料理を極めるため、ジェイドは秘書としての能力を身につけるため、アズールは経営とマーケティングの勉強のため、それぞれ、一年後の再会を誓った。フロイドとして想定外だったのは、ジェイドのインターン先がずっと遠くの国だったことだ。アズールは隣国にいたので頻繁に遊びに行けもしたが、ジェイドのところは国の事情もあって簡単に行き来できる場所ではなかった。それに金だってかかる。アズールには起業資金のために無駄遣いはするな、と釘を刺されていた。双子はアズールが起業したら絶対に面白いから、という理由でその投資も快諾して月にいくらかアズールの通帳に入れている。それを差し引いても決して不自由ない給料だったが、フロイドにはどうしても欲しいものがあって、その貯金もあって、ついぞジェイドの元に行けるまでの資金が貯まることはなかった。
    5489
    Hide ads with PoiPass!  
    Hide ads with PoiPass!  
    Hide ads with PoiPass!