Recent Search
    Create an account to secretly follow the author.
    Sign Up, Sign In

    高間晴

    @hal483

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 385

    高間晴

    ☆quiet follow

    敦太のつもりで書いてたんだけど逆にしか見えねえ……
    字数はもう800字のルールを守るのは諦めました。

    ##文スト

    うれし涙 休日。敦と太宰は二人で海の見える公園へ来ていた。辺りを吹く潮風はもう夏のように涼やかではなく、少し肌寒いくらいである。
     公園の入口近く。自販機を見つけた敦は笑うと、指で示した。
    「太宰さん、喉渇きません? 何か飲みます?」
    「ああ、私は珈琲がいいな。温かいやつ」
     敦は「はい!」と満面の笑顔で頷いて、自販機へと駆け寄っていく。それを横目で見ながら、太宰は近くのベンチへ腰を下ろす。背もたれに寄りかかると、周囲を見渡した。公園は恋人たちや家族連れの姿で賑わっている。奥の方にはクレープのキッチンカーも来ていて、年若い女性たちの黄色い声が響いている。
     ――たまにはこういうのもいいなぁ。
     太宰の頭に去来するのは過去に関係を持ったことがある女性たち。彼女らとデートでこんな処に来る、なんて無かったことだ。
     白い漣を立てる水平線をぼうっと見ていたら、頬に何か少し熱い物が触れた。視線を横にやれば、敦が缶の珈琲を太宰の頬に押し当てていた。悪戯っ子のように笑うその笑顔が愛しくて、太宰は珈琲を受け取りながらその額を指で軽く小突いた。「あいてっ」と敦は額を押さえてまた笑う。
    「敦君。こういうのは暑い夏場に冷たい物でやるんだよ」
    「そうなんですか? じゃあ来年の夏にやりますね」
     そう云って敦は太宰の隣に腰を下ろす。それから自分の分のメロンソーダの缶を開けた。ぷしゅっと小気味好い炭酸の音が弾ける。太宰も珈琲のプルタブを開けると、口をつけた。特有の香ばしい匂いと苦味を含んだ甘い味がする。温かい。一口飲んで深い深い溜息をついた。
    「いや~……長閑だねえ」
    「本当ですねぇ」
     二人の言葉には実感がこもっている。少し前まで組合の異能力者たちと戦っていたのが嘘みたいだ。だが敦は確実にあの時、このヨコハマを守った一番の功労者でもある。
     そこで二人の前方十メートルくらいの処。走っていた三、四歳くらいの男の子が敷石に足を引っ掛けて転んだ。予想通りにわんわんと泣き始めるので、敦は思わずベンチから腰を浮かせる。その手首を太宰が掴んで止めた。
    「よく見なよ、敦君」
    「えっ?」
     敦が太宰を振り返った瞬間だった。すぐに父親らしき大人が駆け寄ってきて子供を抱き上げた。「お前は強い男の子だろう? ほら、泣かない泣かない」と涙を拭ってあやすのを見て、敦は再びベンチに腰を落ち着けた。
    「そうかぁ……普通の子供にはああやって守ってくれる親がいるんですね」
    「……」
     太宰はそれを聞いても何も云わなかった。彼の発するその言葉の重みが、どれだけの物か推し量ることが出来てしまったから。
    「僕、孤児院にいた頃から泣き虫で……泣くと余計にぶたれるんですけどね。涙って止めようが無いんですよ」
     敦の語り口は至って穏やかで、逆に太宰の心がざわついた。
    「僕、涙には限界量があるんだろうと思い込んで、その昔に夜中じゅうずっと泣いてたことが有りました。
     今いっぱい泣いておけば明日泣かずに済む、余計にぶたれずに済むって。
     ――でも、そんな訳ないじゃないですか」
    「敦君」
     堪らず太宰は手を伸ばすと、敦の手を握った。冷たい缶ジュースを持っていたせいか、それは少し冷たい。二人の視線がぶつかり合う。敦の方は少し戸惑った様子だ。
    「君はああいう『普通の家族』をも救った。君がいなければ、君のような孤児が増えていたかも知れないんだから。
     ……少なくとも、それは誇っていい事だよ」
     太宰の言葉に、じわりと敦の瞳が涙の膜を浮かべる。それは朝焼けに輝く白露のようで、目が離せない。透明な膜が重力に従って下の目蓋に溜まると、それはやがて頬へと流れ出す。敦は、ひとすじの涙とともに「はい」と微笑んだ。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    😭❤💕
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    recommended works

    高間晴

    DONEチェズモクワンライ、「三つ編み」。■永久の約束


    「モクマさん、私の髪をみつあみにしてもらえませんか」
     寝床を共にするようになって、数ヶ月経ったある朝。ベッドから起き上がり、自分の髪を櫛で梳かしながらチェズレイが言った。それにどう反応していいかわからずモクマが隣で驚いた顔をする。
    「えっ……えっ?」
     その声を聞いて、チェズレイは眉尻を下げて瞳を潤ませるとモクマの顔を見つめた。
    「モクマさァん……」
    「うっ、お前さんその顔したらおじさんが何でもしてくれると思っとらん?」
     怯んだ様子でそう言えば、ベッドの上、シーツにしわを寄せてチェズレイがにじり寄ってくる。じり、と近づかれてモクマは小さな悲鳴を上げた。こちらを見つめてくるアメジストの瞳は、朝のたまご色の光を反射してきらきら輝いている。
    「思っていますが、何か問題ありますゥ?」
     そう言われてしまっては返す言葉がない。モクマは、はーっと肺から空気を押し出すようなため息をつく。それから顔を上げると両手でチェズレイの頬に触れる。壊れ物を触るような手つきだった。チェズレイは以前にも髪を切ってほしいなどと無茶振りをしてきたが、またかといった感じだ。
    「お前さんには隠し通せな 1844