Recent Search
    Sign in to register your favorite tags
    Sign Up, Sign In

    すみれ

    @zerocure_

    2次創作の倉庫です。
    今はリゾプロとプリゾかいてます。
    女体化多め。

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💜 🐰 👏 🍣
    POIPOI 75

    すみれ

    ☆quiet follow

    #リゾプロ夏祭2023 に参加させて頂きました。
    バカンツァをテーマに書いてます。
    兄貴がマンマしてる。リーダーを甘やかしてあげて兄貴…。

    #リゾプロ
    lipoprocessing
    ##リゾプロ

    ふたりのバカンスここ、イタリアという国では7月、8月にかけて2週間から1ヶ月もの間休暇を取ってバカンツァに赴く。その間は普段のバタバタとした日常から離れ、頭を空っぽにしてひたすらのんびりと過ごすというのが一般的だ。
    …そう、これは一般的な話である。



    「バカンツァの期間がたった3日ってどういうことだよッ!」
    「2日だったところを3日に延ばすことが出来たんだ。堪えてくれ」

    いつものようにアジトでミーティングをしている時にリゾットから今年のバカンツァの日取りを発表され、皆落胆していた。
    たった3日。こんなにも仕事を黙々とこなしているのに、たった3日。この国ではバカンツァの為に仕事をしていると言っても過言ではない価値観の人間が多いのになんたる仕打ちだろうか、と皆が思っていた。
    「まあ、この決定は上からな訳だしアンタは延ばせるように尽力してくれたんだろ?グラッチェ、リゾット。感謝するぜ」
    と言うのはホルマジオだった。続けてジェラートも「最初の頃なんて1日ありゃいい方だったからリゾットのおかげで3日まで延びたんだ。ありがとよ、お粥ちゃん〜!」とご機嫌に投げキッスまで寄越す。隣りに居たソルベもこくりと頷く。ジェラートと同じ意思を持ってることを伝えた、というところだろう。

    若い衆はそれを聞いても不服そうにしていたが、プロシュートの「休みがそんなに嫌なら仕事全部そいつに回していいんじゃあねえのか?」という一言で遂には黙った。

    そんなこんなで短いバカンツァが始まった。



    「おまえは皆と海に行かなかったのか?休みを楽しみにしていたじゃあないか」

    リゾットがアジトでバカンツァ前に終わらなかった書類を整理していると、髪をハーフアップにしたプロシュートが執務室にやって来たので彼はきょとんとした顔で恋人を見つめていた。
    そんなリゾットを見て書類の積み上がるデスクに腰掛けプロシュートは言う。
    「海よりアモーレだぜ。オメーが行かねえのにオレが行く訳ねえだろ。それよりオメーこそバカンツァはどうした?オメーだってもらってんだろ休みをよ」
    プロシュートの言葉にふう、とリゾットは息を吐いた。そう、彼だって好きでこんなことをしている訳ではない。ただどうしても捌くことが出来ず、それを放置することも出来ず、今に至るのだ。
    そんな恋人の疲弊した表情を見て、プロシュートはくすりと笑う。
    「手伝ってやるから夕方に海沿いをドライブしようぜ。勿論オメーの運転だ。オレは飲むからな」
    な?とリゾットの額に人差し指をトン、と当てるとプロシュートはいたずらっ子のような笑みを浮かべる。
    (敵わないな…)
    この美しい恋人には自分が部下に文句を言われて申し訳なく思う気持ちも、いつまで経っても終わらないこの無駄な作業に飽き飽きして苛立っていたこともお見通しだったということだ。参ったな、と思いながらリゾットは立ち上がりプロシュートの頬に口付ける。
    「帰ったらバールで一緒に飲もう。オレも飲みたい気分なんだ」
    「いいぜ。だったらさっさと終わらせるか」
    ゴムを取り金の美しい髪をポニーテールにしてプロシュートは書類のひとつに手をつけた。

    外では真っ青の空が広がり、ふたりの短いバカンツァを迎えるように輝いていた。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    💖💖👏
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    すみれ

    DONE雀さん@passero__とミナトタツキさん@minatotatsuk1が主催されている『プリゾで迎える冬2023』に参加させて頂きます。
    ②の喧嘩をテーマに書かせて頂きました。
    いつものめそめそした女々しいリゾットさんとジェラートの口調捏造などあります。
    喧嘩…?うちのプリゾ喧嘩するのかな…?と手探りで書いたんですが書き終わることが出来ました。
    雀さん、ミナトさん素敵な企画ありがとうございます!
    ゆきどけそれはきっと些細なことからだったと思う。

    「オメーら喧嘩でもしてんのかァ?さっさと仲直りしてくれよ、ペッシが怯えてんぞ」
    「うるせェ、わかってる」
    ホルマジオの奴にせっつかれなくても、早くこの状況を打破したいとはオレ自身も思っていた。
    今、オレとオレのアモーレであるリゾットは些細な喧嘩から口を利かなくなって3日が経とうしていた。同棲してる家にもリゾットは帰って来なくて、アジトでも必要最低限の話しかしていない。何度も声を掛けようと試みたが全て失敗に終わっているのでどうしようかと考えあぐねているところだ。

    ひとり思案していたら次はジェラートが声を掛けてきた。
    「なープロシュート、お粥ちゃんにチョコラータ・カルダ持ってってやってよ。あいつここ最近カッフェばっか飲んでるからさ」
    2273

    related works

    recommended works