Recent Search
    You can send more Emoji when you create an account.
    Sign Up, Sign In
    - or -

    ★☆★

    夏五だけ描くところ。
    いつだって感想を求めています。
    (リクエストとかもあればどうぞ!)
    https://odaibako.net/u/GG_725

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 36

    ★☆★

    ☆quiet follow

    大遅刻すぐるはぴば漫画です。夏五です。

    Tap to full screen (size:1100x4168).Repost is prohibited
    💖☺💖🎯☺💖☺☺🙏❤🙏🙏💖🙏🙏💘🙏🙏👏☺🙏☺☺☺☺💘💘💘💒👏💕💞👍💕☺☺☺👏☺☺☺💘💕💖💖💖💖💖💖💖💖💖💖💖👏💖☺💖💘
    Let's send reactions!
    Replies from the creator
    Hide ads with PoiPass!  

    recommended works

    rinka_chan_gg

    MOURNINGホントはめぐる夜行の時に展示する予定だったけど間に合わなかったヤツの供養です。
    転生if夏五、大学生の設定です。明確に書き出してはいませんが夏は記憶なし、五は記憶ありです。
    クリスマスはとっくに過ぎてますが許してください…。
    クリスマスイブが嫌いなさとるのはなし「ごめーん傑!24日は都合が悪くてさ」

    明るい調子で謝ってきた悟にモヤモヤとしたものを感じたのはこれが初めてではない。だって、クリスマスイブに予定を断られたのはこれで三年目だからだ。

    友人になりたての、まだそこまで親密じゃなかった一年目は、まあ先約があるんだろうと特別気にも留めなかった。
    ただの友人から親友へと昇格した二年目は、そう言えば去年同じように断られてなかったっけとデジャヴを覚えた初めての違和感だった。
    そして今年、親友から晴れて恋人同士になった三年目。「都合が悪いから」と一昨年、去年と同じように謝る悟に、流石に偶然ではないだろうと訝しみを持った。

    いつも傑、傑と私の名前を呼んで、まるで鳥の雛のように引っ付いてくる悟は、滅多なことがなければ私の誘いを断らない。それは私が想像している以上に、悟が私のことを好いてくれている証拠で、自惚れていなければとんでもなく喜ばしいことだと思う。
    5559