Recent Search
    You can send more Emoji when you create an account.
    Sign Up, Sign In

    真紀瑠唯

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💜 ❤ 🍉 🌟
    POIPOI 6

    真紀瑠唯

    ☆quiet follow

    じょうじさん@jo_jo_joujiが投下されたエルゴヒュが素敵過ぎて、その後のHMFを妄想してしまいました。928号室のじょうじさんと共にHMFを見守る9階の住民設定です。夢小説のように『私』部分を脳内で置き換えてお読み下さいませ。
    しあわせ子沢山HMF設定の使用許可を下さったじょうじさんに感謝いたします🙏🙏🙏有難うございました!

    #ヒュンマ
    hygmma
    #ヒュンケル
    hewlett-packard
    #マァム
    maam

    MDC伝説メゾンドカール。
    最近熟年女性の転入が急増しているこのマンションで奇妙な噂が立っていた。

    低層階の住民でさえ便利に利用しているエレベーターを
    それなりの高層に住んでいながら使っていない人が居ると。
    それも複数。
    どうやら同じファミリーであるらしい。


    「子どもの身体を鍛えるためなのかしらね?」
    「でもご夫婦も使っていないらしいわよ」

    同じエレベーターに乗り合わせた『私』は
    これが例の噂か~
    凄い人が居るもんだなと、ぼ~と聞き耳を立てていた。

    噂は更に具体的になっていく。
    「それで、何階の方なの?」
    「確か…9階?」
    「ぶほっ!!」

    え?マジ!!!???きゅーかい!?
    いやいや変な声を出してしまった。
    上手い言い訳をしないと円滑なご近所付き合いに差し障りが…;;;


    幸いなことに、お二人とも同じ気持ちだったらしく
    誰でもびっくりするわよね、私も聞いた時は叫んじゃったわよと
    にこやかに明かしてくれた。
    「変な住民」認定を回避出来て安堵の息を吐く。

    それにしても、9階にそんな元気な家族って居たかなぁ?
    ファミリーで思い浮かぶのはヒュンケルさんのご一家だけど、
    奥さん身重だし、時折ベビーカーを使ってるし。


    それから数日後、マンションの入り口でマァムさんと遭遇した。
    「「「「こんにちは!」」」」
    お子さん達も総出でお買い物の帰りらしい。

    買い物袋を両手に下げたパパ似のお兄ちゃんズの頼もしさよ!
    お姉ちゃんと手を繋いだ五歳児くんは恥ずかしげにママの後ろから覗いてる。可愛い。

    この人数と荷物だから二組に分かれて乗らないと無理だなと、
    エレベーターホールまで奥さんと会話をしながら歩き、矢印のボタンを押す。

    一歳児ちゃんを乗せていたベビーカーを畳んだマァムさんは、お姉ちゃんにそれを渡すと
    彼女の髪の色に似た薄桃色のエルゴを手提げから取り出した。
    「鎧化(アムド)」
    え?あむ……何て?

    気づけばおんぶバージョン装着完了してる。す、素早い!!!
    いやでも後は部屋に戻るだけなんだし何で今、装着???

    少々混乱気味の『私』に太陽のような笑顔を向けたマァムさんは
    「ではまた。失礼します」と軽く頭を下げ、五歳児ちゃんと手を繋いで軽やかに階段を昇って行った。
    他のお子さん達も一緒に。ごく自然に。


    「噂」は本当だった。
    階段を見上げる『私』の後ろで、乗る人が居ないエレベーターの扉が閉まる音がした。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    👏👏👏💜❤👏👏👏👏😍☺💜❤💖💖👏👏👏👍💯👏👏👏😆👏😂
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works

    dosukoi_hanami

    Deep Desireヒュンケル、仕事を納める。
    (アポロさんとヒュンケル、ほんのりラーヒュン)

    2021年、ダイ大、ラーヒュンにはまって。Twitterを始めたり、自分で何かを創作する日がくるなんて想像もしていませんでした。そしてそれがこんなに楽しいなんて!
    挙動不審にも関わらず、温かい声をかけてくださったり、仲良くしてくださって、本当に本当にありがとうございました。
    感謝しかありません。
    ヒュンケル、仕事を納める年の暮れ、パプニカ。

    平生は穏やかでありながら行き来する人々の活気を感じられる城内も、この数日ばかりはシンと空気が落ち着く。
    大戦前の不安定な世の頃は年の瀬といえど城の警備を手薄にするなどありようもなく、城内で変わらず職務をこなしながら、見知った仲間とただ時の流れとともに志を新たにしたものだった。

    勇者が平和をもたらしてくれたから。
    三賢者のうち、マリンとエイミの姉妹は今日うちへと帰った。アポロは今夜と明日の晩は城で過ごすが、二日後は姉妹とバトンタッチをして帰郷する。墓前に挨拶などこんなときにしかしない。頭の中で、城下の花屋でブーケを買い帰る算段をしているとき、意外な人物を認め足を止めた。

    姫の執務室の扉の前。
    2375