ポイパスでもらった絵文字解析!

shikoto1228

@shikoto1228

☆こそフォロ リクエスト おふせ
ポイポイ 1

shikoto1228

☆こそフォロ

全然書けてない晴道小説
出来たらpixivにあげる…

#晴道

タップで全画面(原寸:750x1194)無断転載禁止
リアクションを送って応援しよう!
ポイパスで広告非表示!  

同じタグの作品

nicola731

らくがき「罪深き墓前まで」
思いつきの時代物パロ晴道。多分この後二人で共謀して旦那を始末します。
 晴明の兄が妻を娶ったのは彼が十五の時だった。付き合いのある旧家の長子で、美しいことで評判だった。まだ十八になったばかりだった。晴明の幼馴染だった。
 晴明は義姉になる前まで兄の結婚相手を「道満」と呼んでいた。義姉になるまで兄の結婚相手を抱いていた。去年の盆に宴会があり、その裏で二人は体を繋げた。お互い初めての相手だった。晴明にとっては初恋だった。
 道満は自分の妻になるものだと信じ切っていた彼は、夏の盛りを過ぎた頃に兄から婚姻のことを聞かされて、がらがらと全てが崩れていくような心地になった。美しい上に賢い道満は詩経さえ誦じてみせる。対して夫となる晴明の兄は凡庸で家柄ばかりが取り柄の役人だった。幼少のみぎりから才覚を発揮していた晴明とは大違いだった。
 晴明は兄が何処か勝ち誇ったような顔をして自分を見ていることに気付いた。兄が自分を打ち負かしたいがためだけに、道満を妻に迎えたのだとすぐに理解した。殺してやろうかと思った。
 道満は家庭に入ると頗る良妻で、よく躾けられた奥様になった。夫の父母に気に入られ、夫の床屋政談にも美しい笑みを浮かべたまま付き合った。晴明が「義姉さん」と呼んでも笑み1027 文字

おすすめ作品