Recent Search
    Create an account to bookmark works.
    Sign Up, Sign In
    - or -

    ンモー

    hykw_kabeuchi

    MOURNING「Wish for this moment」のその後の話

    ぐるぐる考えてるアンリちゃんと、大石くんの邂逅。
    出てきませんが、アマ平(アマ→平)前提です。
    大石くんが強気・イキイキなのは平等院さんにハッパ掛けられたままハイテンションモードのため

    書きたいとこだけ書いちゃった
    抽選会のあとのアンリちゃんと大石くん客席の電灯がつき、つい先程出揃った対戦カードに人々が賑わう空気の中、アンリは早足で会場内を歩き回っていた。抽選会の最中隣に座っていた男は、会の直後に慌てた様子でやってきたスタッフに連れられてどこかに行ってしまいここにはいない。
    ——『すまない。早速だがひとつ頼まれてくれるか』
    本来であれば出口に向かう他の参加者同様そのまま宿舎に戻って構わない筈のアンリがこうしてまだ会場にいるのは、男が去り際にそう己に告げたからだ。開会直前の言葉を覚えてくれていたことと、その上で男が己を頼ってくれているという事実は、アンリをいたく喜ばせた。
    しかし、それに一も二もなく頷いたことを、残念ながら既に後悔し始めている。会場内に残っている面々に目を凝らすが、求める姿らしきものは見当たらない。小さな焦燥と苛立ちはアンリの美しい眉を顰めさせた。
    6260
    Hide ads with PoiPass!  
    Hide ads with PoiPass!  
    Hide ads with PoiPass!