Recent Search
    Sign in to register your favorite tags
    Sign Up, Sign In

    シオン

    @xion_gk78

    @xion_gk78
    右杉のエロイラスト置き場。
    出来たら進捗は消えるかも
    全ての作品なんでも許せる方向け

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 🈵 💖 💝 👍
    POIPOI 35

    シオン

    ☆quiet follow

    🔞なんちゃって獣耳尾杉
    ♡喘、濁点喘ぎ
    おもらし
    断面図
    謎時空

    18歳以上ですか?(高校生不可)
    yes/no

    #尾杉
    tailFir

    Tap to full screen (size:1748x2480).Repost is prohibited
    🙏🙏👏👏👏👏👏👏👏💯🌋🌋🌋👍👍👏🙏💞💞🐱🐱🐱🐱🐈🐈🐈🐈🐈💟💖💖❤💖💖💖💞😭😍💖😭😭💖💖💖👏👏🍆🍆💖💞💞💞🍆🍆🌋❤👏👏🌋
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works

    河東🌻

    DONEフォロワーさんへの、遅すぎる誕生日お祝いの鯉杉です。杉元誕生日のお話でもあります。
    鯉杉はどっちも可愛いから、お話も可愛くなっちゃいますね(当社比)
    反対方向のふたり 三月になったばかりのその日は、良い天気だった。
     日中は日差しがよく届いて暖かかったけれど、日が落ちると気温がグッと下がる。西の端っこが茜色をしていて、東へ行くほど藍色になっていく空には、一番星が輝いていた。
     平日の黄昏時の駅前は、家路を急ぐ人でいっぱいだ。駅の建物には、ひっきりなしに通勤客が出入りしている。混雑しているのに、黙って足早に歩いている人が多いので、賑やかという感じがしない。いろんな歩調の足音と車の音、駅を発着する電車の音ばかりがよく聞こえて、人の話し声は雑音に紛れてよく聞こえない。
     駅前広場に設置された、不思議な形をした謎のオブジェは、待ち合わせの目印としてよく使われている。人混みの向こうに鮮やかな色彩のそれがチラリと見えて、杉元は足を速めた。そして、いつもの癖で腕時計の時刻を確認しようとした。遅刻なのは重々承知だけれど、何分遅れか気になったのだ。だが、すぐに手首には何も着けていないことを思い出す。
    5262