Recent Search
    Create an account to secretly follow the author.
    Sign Up, Sign In

    玖堂らいか@SD再燃中

    ダイ大やスラダン絵を気の向くままに。顔ありの三井夢主がいます!

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 27

    何かしらのパーティで踊るポプメルちゃん。きっとそれぞれ少し華やかな服装をしているはず。軽やかなペアダンスが似合いそうなのはポプメルだなぁ。

    #ダイの大冒険
    daiNoDaiboken
    #ポップ
    pop
    #メルル
    merle.
    #ポプメル

    Tap to full screen (size:477x415).Repost is prohibited
    ❤❤❤❤❤☺💯🙏😭🙏💖❤🙏👏❤❤❤❤❤💖💖💖💖💖
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works

    ちりむく

    MEMO妄想小説その1

    監督生が帰っていった(?)後の話。
    ツイステの世界に迷い込んでしまったシキ。妄想小説です。
    このお話はフロイドが出てくるシーンのみ抜き出しております。
    not監督生 好き勝手に書いていますので何でも許せる方

    一部修正しました。
    「あれ?何かちっちゃいのがいる」

    植物園での授業を終えたフロイドは、入り口の横に立っている人影を見つけた。
    興味を覚え側まで行くとサバナクロー寮の体操服を来ている。しかし、サイズが合っていないのか大きくて不恰好だ。

    「こんな所で何やってんの?うちの学園の体操服着てるみたいだけど…稚魚ちゃんだよね」

    話しかけられた相手は、突然自分の目の前に現れた壁に驚いて思わず一歩体を引いた。

    「…人と待ち合わせをしているんです。今日からこの植物園で働くことになったので。
    体操服は訳あって借りているだけです」

    フロイドは逃げ腰ながらも自分の目を見て答える、30センチ以上も背が低い相手に顔を近づけて問いかけた。

    「働くって…まだ子供でしょ?」

    相手はフロイドを見上げたまま首をすくめた。

    「子供かもしれませんが16です」
    「まじ〜?オレより1コ下なだけなの?」

    さらに顔を近づけるので困った表情で相手もさらに首と体をすくめる。
    そんな様子を見てフロイドは可笑しそうに笑った。

    「あはっ。身体縮めてヤドカリみたい。ヤドカリちゃんだねー」
    「私はシキです」

    そうは言ったもののフロイドは聞いてや 878