Create an account to secretly follow the author.
- or -

高間晴

@hal483

☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
POIPOI 300

高間晴

☆quiet follow

うちの葉佩九龍のお気に入り武器一覧

#九龍妖魔學園紀
kowloonDemonAcademy
##九龍

Tap to full screen (size:1000x1300).Repost is prohibited
💴🙏💘🍑🍌🍑😊👏❤
Let's send reactions!
Replies from the creator
Hide ads with PoiPass!  

related works

recommended works

高間晴

DOODLEチェズモク800字。戦いが始まる前に終わってしまった……■では、お手柔らかに


 チェズレイとモクマが生活をともにしているセーフハウスの地下には、フローリング材の敷かれた広い空間があった。そこにはジムよろしく壁に沿って懸垂器具やルームランナーが置かれている。
 そこでモクマは一人、Tシャツにスウェット姿で懸垂器具に両手でぶら下がる。腕を伸ばした形からそのままゆっくりと肘を曲げていく。ぎっ、と懸垂器具が軋んで肘が肩より下になるまで体を腕力だけで持ち上げる。それを無言で繰り返す。
 三十回を超えた頃、階段を降りてくるチェズレイの姿が目に入った。
「お疲れ様です、モクマさん」
「お前さんも運動かい?」
 そうモクマが声をかけたのは、チェズレイも動きやすそうなTシャツとジャージ姿でまとめ髪だったから。なんてことない服装だが、この男が着るとそのままランウェイを歩けそうだ。
「ええ。戦うための肉体づくりは欠かせませんから」
「お前さん努力家だもんねぇ」
 チェズレイはモクマの傍に近づいた。モクマは少し慌てて器具から降り、間合いを取ろうとして壁に張り付く。
「そう逃げなくたっていいじゃありませんか」
「いや、おじさん汗かいたから。加齢臭するとか言われた871 chars