アカウント作成すると作者をこっそりフォローできます
- or -

藍_白群

エルリサイト。漫画とイラストを中心に短い小説も置いています。よろしければどうぞ。
http://aibyakugun.web.fc2.com/

☆こそフォロ エアスケブ依頼 おふせ 絵文字で応援する 💖 👍 🎉 😍
ポイポイ 17

藍_白群

☆こそフォロ

ただ貴方の傍で

#エルリ

タップで全画面(原寸:548x700)無断転載禁止
😍🇱💖❤💖💖💖💖💖💖💖😭👏😭😭😭😭😭😭😭😭😭😍😍💯💯💯💯💯💯💯💯💯💯💯🇱🇴🇻🇪🇪🇴🇱🇻🇪💗😭😭❤👏💴💴🙏🙏☺☺💖💖💖💖
リアクションをたくさん送って応援しよう!
作者からのリプライ
ポイパスで広告非表示!  

同じタグの作品

きたまお

自主練好きじゃないと言わなくちゃいけないへいちょ。まず、口うるさい。
 リヴァイの一挙手一投足について、ああだこうだと言う。机に向かってまっすぐ座れ、茶を飲む際に音をたてるな、食事は残さず全部食べろ、上官の話を聞くときにらみつけるな、同じ班の兵士とはうまくやれ、字は丁寧に書け、椅子で寝ないでベッドで寝ろ。無視をしてもこりずに何度も言ってくる。
 ハンジなどは、あんなに細かく言ってくるなんて、愛だよね、と呆れたように言う。
「お母さんでもないのに、普通、大の大人に対してああは言わないでしょう。あ、別にリヴァイが小さいからエルヴィンには子供に見えているんじゃないかなんて言ってないよ」
「うるせえ」
 たいして必要無いであろうときも、エルヴィンはリヴァイを近くに置いておきたがる。
「リヴァイ、王都での会議に同行しろ」
「リヴァイ、訓練には私も参加する」
「リヴァイ、次の壁外調査では私の直属として動いてもらう」
 隙あらばずっと、エルヴィンは独り言ともつかないことを言い続けている。
「王都に新しい店ができていてな、川沿いの四番街の先だが、もともとあのあたりは住宅街だったのに、最近は商店が増えている。住民たちの生活が安定して豊かになっているから2195 文字

おすすめ作品