Recent Search
    You can send more Emoji when you create an account.
    Sign Up, Sign In
    - or -

    カロ

    Hide ads with PoiPass!  

    g1641018

    DONEクロノとシオンがTRPGシステム『マギカロギア』の魔法使いという設定のパロものです。クロノからシオンへの片想いです。





    補足

    書警:ブックウォッチ。魔法戦のエキスパートで攻撃性能がめちゃくちゃ高い。
    書工:アルチザン。魔導書のメンテナンスをしたり他の魔法使いのサポートが主な役割。
    猟鬼:サイクロプス。悪い魔法使い絶対殺す部署。
    瞳に込めるは何色「頼むよ、クロノ。君にしか頼めないんだ」

     いつもと同じような声で、なんでもないようにシオンはそう言った。



    (…………簡単に言ってくれるぜ)

     この綺麗な瞳をくり抜いて、義眼を嵌める。それを、自分に頼むのか。




     クロノは書工。大法典に所属する彼は魔法使いであり、シオンもそうだ。彼は書警、クロノよりも身分は上だ。

     大法典では「階梯」と「位階」が絶対だ。シオンの位階「書警」は1位、対してクロノの「書工」は3位。同じ階梯である以上、シオンの方が立場が上であり、その命令は絶対だ。

     本当は拒否権なんてない。しかし、シオンはあくまで頼みという形でクロノに話を持ち掛けてきた。

     
    (…………すげえ、嫌だけど)

     シオンの願いを無碍にもしたくない。迷いながらも、クロノは了承の返事を返した。少しだけ時間をくれとも。
    1373
    Hide ads with PoiPass!  
    Hide ads with PoiPass!