Recent Search
    Create an account to secretly follow the author.
    Sign Up, Sign In

    ねこまたぎ

    @nyan_matagi

    2次創作初心者です。ごカム月右固定。
    成人済み20↑

    CP有無どっちも好き
    健全から年齢制限者まで際限なく多分出す。
    (道のりが遠い)

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 20

    ねこまたぎ

    ☆quiet follow

    ほろ酔い尾形と戦犯月島
    「尾形が可愛いのは俺が知ってるだけでいい」と供述しており...

    #尾月
    tailMoon

    Tap to full screen (size:1280x1280).Repost is prohibited
    😂😂
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works

    723

    DONE曲馬団の鯉月。
    でも鯉月は喋りません。サーカスを見にきたお年頃の少女視点です。
    初めて私の街にも曲馬団がやってきた。

    ぐるり見回せば観客席は満員御礼、立見の客もいると言う。それもそのはずだ、この曲馬団は結成されたばかりであるにも関わらず雑誌に紹介文が載るなど非常に勢いがある今一番人気の曲馬団なのだ。

    周りの人々の熱気と眼下に広がる小道具の数々に、そわついた心を宥めながら私は席に腰を下ろす。
    すると袖から洋装に身を包んだ男が現れた。この曲馬団の座長だ。観客の期待を煽るように声を上げて、人好きのしそうな笑みで恭しく腰を折る。見慣れぬシルクハットの下から出てきたのは坊主頭と不思議な形に整えられた髭で、洋装との不釣り合いさにドッと笑いが起こった。


    それからはもうめくるめく熱狂と興奮の連続で、息も付けないほど。馬を巧みに操り手綱から両手を離したまま銃で的を仕留める男、背丈の倍はある大きな熊をまるで飼い犬かのように扱い自転車にまで乗せてみる猛獣使いの少女、可憐な衣装を纏い艶やかに舞う少女(?)団、不死身を名乗る男の剣をお手玉のように扱う場面には私を含めた観客達が息を飲むのが空気の振動で伝わってきた。そうして次の演目は。
    1998