Recent Search
    Create an account to bookmark works.
    Sign Up, Sign In
    - or -

    AmatsuBmb

    @AmatsuBmb

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Gift Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 7

    AmatsuBmb

    ☆quiet follow

    幸福だった過去に囚われろ――そんな敵の催眠に落ちたことを謝罪する、モさんの幸福について。
    #モクチェズ版ワンドロワンライ 「謝罪」です。

    #モクチェズ
    moctez

    幸福な日々「ごめんな、チェズレイ」
    「いえ、もういいのですよ」
     体術でこの無敵の武人に敵う者はいないのだが、昨晩の敵はモクマとの相性が悪かった。精神を攻撃する相手だったのだ。
     チェズレイが情報を得るために潜入した部屋。部屋の外で見張りをしてたモクマが倒れたのは、チェズレイがちょうど、敵が使う薬物や暗示についての調査を終えたところだった。
     意識を曖昧にする薬物を混ぜた空気を吸わせ、暗示をかけることで敵を無力化する。
     ――幸福だった過去の夢に囚われろ、と。
     遠い過去に囚われている者ほど、眠りは深く濃くなる。もう戻らない幸福に焦がれ、無意識に現実に戻ることを恐れ、長い間目覚めなくなる。
     幸福な夢? 知るものか。そこがどれほどに甘美な世界であろうと、チェズレイを置いて、一人だけ夢の中に逃げ込むなど許さない。許してなるものか。
     モクマが身に着けたマイク越しに部屋の外の状況を把握したチェズレイは、すぐさま、換気装置を作動させて薬物を排出させた。そうして、動揺した敵をチェズレイが返り討ちにしている間に、予想外に早くモクマは意識を取り戻した。あとは何と言うこともない。
     目的を果たして無事拠点に戻り、モクマに薬物の影響が残っていないことを確かめて安堵する。
     短い時間とは言え、敵の策に落ちたことにモクマはすっかりしょげて、チェズレイへの謝罪を口にした。心配させてごめんな、と。
     入手した情報をモクマと共有する、即ち、暗示の種明かしをする前に、モクマがどんな夢を見ていたのか、チェズレイは知りたかった。
    「意識を失っていた間、夢を見ませんでしたか」
    「ああ、そういえば……」
    「どんな夢だったか、教えていただけませんか」
     モクマにとっての幸福。マイカで暮らした幼少の時だろうか。それとも親愛なるボスたちと過ごしたミカグラか。願わくばそこに、僅かでもチェズレイの居場所があったなら、と思う。
    「夢っちゅうか……おじさん、時間が巻き戻ったんだと思ってたよ」
    「巻き戻る……ですか。どれくらい?」
    「1日」
    「1……日……?」
    「ほら昨日の夜、極東から取り寄せたカニを一緒に食べたじゃない。お前さん初の鍋料理。外にいたはずなのに、気づいたらまたあれ食べててさ。最初から、ありゃ、おかしいなーとは思っとったんだが……」
     ついつい完食しちゃった。気づくの遅れてごめんな、と再び頭を下げられる。
    「フフ……フフ……はははっははは!」
    「お前さん、どしたの、大丈夫?」
     あんなことが、たったあれだけのことが、あなたの幸福か。
     昨日は初めて、一つの鍋を共有した。
     食卓の真ん中に置かれた鍋。モクマは気を遣って、できあがった最初にチェズレイの分を取り分けてくれたが、興がのったのでお代わりもした。
     加熱するとはいえ、二人の食べかけにご飯を入れてまた煮る、など受け入れがたいことだったはずなのに、モクマがあまりにも美味しそうに食べるものだから、ついつられてチェズレイも締めのおじやを口にした。
     モクマが幸せそうに目を細めていたのを覚えている。確かにあの時、チェズレイも幸福を感じた。
     けれど、毎日更新されてしまうような、そんな些細な、チェズレイと過ごす日々が、モクマにとって何よりの幸福だというのか。
     笑い続けるチェズレイに、最初は怪訝そうだったモクマが、よくわからんがお前さんが楽しそうならいいか、という表情になる。
     明日もしまた暗示をかけられたら、モクマが夢に見るのは、今この瞬間のことなのかもしれない。
    「お許しを。あなたがあまりにも可愛らしいことをおっしゃるもので、笑いが止まらなくなりました」
    「えっ、おじさん可愛かった? どれくらい?」
    「今すぐハグしたくなるくらいに」
    「そりゃ大歓迎」
     モクマが笑って、大きく腕を広げる。

     幸福な日々は、あなたと私が生きている限り、更新されていく。
    Tap to full screen .Repost is prohibited
    ☺☺☺☺☺☺☺
    Let's send reactions!
    Replies from the creator
    Hide ads with PoiPass!  

    AmatsuBmb

    DONE守ってあげたいDomなモと、構って欲しいsubなチェのどむさぶパロです。
    前半モ視点、後半チェ視点。

    画像(新書ページメーカー版)はツイッターで↓
    https://twitter.com/AmatsuBmb/status/1424922544155414530?s=20
    https://twitter.com/AmatsuBmb/status/1432684512656310281?s=20
    Dom/subユニバースなモクチェズ***

    「私たちもそろそろ、パートナーになることを考えませんか」

     二人が生活するセーフハウスの一室でなされたチェズレイの提案に、モクマは思考も動作も停止した。
     夕食を終え、二人は並んでソファに座っている。時折晩酌に付き合ってくれる相棒に、今日は酒は無し、と言われていたので、何か大事が話があるのだろうと思ってはいたのだが。
     パートナー? 俺たちは、すでに唯一無二の相棒だと思っていたのだが、違ったのだろうか。落胆しかけてすぐに、いや、違う意味なのだとわかった。

    「……おじさん、これでもDomなんだけど」
    「それが何か問題でも?」
    「へっ? ってことは――お前さん、subだったの!?」
    「ええ」

     男や女という身体的あるいは精神的な性別の他に、人間は第二の性別をもつ。それが、DomとSubだ。一般的に、Domは支配したい性、subは支配されたい性、と理解されている。欲求が満たされない状態が長く続くと、Domもsubも抑うつ症状などの体調不良を起こすため、特定のパートナーがいない場合は、一時的なパートナーとの行為に及ぶか、抑制剤を服用する場合が多い。
    5253

    related works