Recent Search
    You can send more Emoji when you create an account.
    Sign Up, Sign In

    コノハ(happanical)

    @happanical

    ガルスト展示会場です。
    き7 喫茶いすとりや

    ☆quiet follow Send AirSkeb request Yell with Emoji 💖 👍 🎉 😍
    POIPOI 4

    コノハ(happanical)

    ☆quiet follow

    sweet typhoon
    エイミ&メルル、恋する乙女sのシスターフッド

    #ダイの大冒険
    daiNoDaiboken
    #エイミ
    amy
    #メルル
    merle.

    sweet typhoon「なんだかね、敵わないな、って思っちゃうのよね…」
    昼下がりのカール城下のカフェで、あたたかな紅茶にため息が混ざった。
    「それ、分かります…」
    胸の奥がほろ苦いのは、僅かに焦げたクッキーのせいだけではない。

    ダイを探す旅の途中、一同は情報交換のためにカールに集った。久しぶりに見る弟子たちの姿に嬉しさを抑えきれないアバンは、公務を華麗に放り投げ、自らケーキを焼きジュースを搾り歓待したのだった。勿論、エイミとメルルも招待されていたのだが。(ちなみにラーハルトは「馴れ合いに興味はない」と早々に別行動をとった)


    「アバンの使徒、かぁ…」
    それはあの戦いにおける英雄達の呼び名である。大魔王とその軍勢を打ち破ったのは、彼らの強い絆の力だ。遠く離れていてもその魂は確かに結びついていて、だからこそダイの生存を確信出来ている。
    「たまに思うんです。入り込む余地なんか、ないんじゃないかって」
    「…メルル、そんな」
    そんなことない、そう言いかけて言葉をつぐんでしまう。

    ケーキが焼き上がるのを待つ間のひととき、アバンの使徒は和やかに語らう。甘い香りと穏やかな光に満ちたその中心には、朗らかに笑う彼女が居る。関係性に名札がついていたら良いのに。いや、ついていたところで、自分と彼とのつながりは、それに遠く及ばないのではないか。
    疎外感、敗北感、無力感。居た堪れなくなって、2人してそっと城を抜け出したのだ。

    「自分がイヤになります。あんなに楽しそうにしてるのに私ときたら……」
    そう呟くとメルルは眉尻を下げて、目を伏せた。長い睫毛がキラリと光る。
    しばしの沈黙のあと、エイミはおもむろに店員を呼び止めた。
    「すみません、パンケーキを2つ。アディショナルベリーベリーミックスとメルティダブルショコラもつけて」
    「エイミさん…?」
    「王宮に居るとね、…いろいろあるのよ。マリン姉さんとたまにこういう場所に来るの。アバンさまのケーキは食べ損ねてしまったから、せめてこのくらいはね」
    エイミが力無く笑みを作ると、2人はそれきり黙ってパンケーキが運ばれるのを待った。




    カフェの喧騒をどこか遠くに感じながら、2人は城の一室に想いをはせる。

    目線の先から、言葉の端から、どうしても分かってしまう。
    彼はおそらく、彼女が好きだった。

    清らかな天使は、心の中の宝箱に隠れ住む。
    どうか出てこないでと願って、確かめてしまったら全て終わってしまう気がして。
    本当は、彼女のことが好きなんじゃないの?


    あの戦いを語るうえではささいな、しかしゆるぎない事実として。
    彼はかつて、彼女が好きだった。

    美しい女神は、冒険譚の最初の1ページで微笑んでいる。
    どうか見返さないでと願って、確かめてしまったら全て終わってしまう気がして。
    今もまだ、彼女のことが好きなんですか?


    想いを混ぜこぜにしたまま、私達は旅を続けている。曖昧さがもどかしいのに、答えが出るのが怖い。



    「…!こ、これは…」
    運ばれてきたパンケーキは、エイミの想定を遥かに上回る巨大サイズであった。ずっしりと重量を感じる本体に、両手で抱えきれないほどうず高く積まれたホイップクリーム。溶岩流のようなベリーとチョコソースの波濤が皿を埋め尽くしていた。

    固まるエイミの前で、メルルが背筋をピンと正した。
    「…食べましょう。これを完食出来たら、今より強い自分になれる気がします…!」
    黒目がちな瞳が凜然と光って正面を向いた。
    「そうね。…食べて、勝ちましょう。自分に。」
    フォークとナイフを手に取り、猛然と刺し入れた。



    「エイミさん、このベリー美味しいですっ。テランで摘んだものとは別次元…!」
    「チョコレートもイイわよ!ホワイトチョコとビターチョコが混ざりあって最ッ高!」
    大きな口を開けて夢中で貪る。臆病な自分を、自信のなさを、身勝手さを、めいっぱい咀嚼して胃袋に流し込む。

    「この姿、男性にはぜったい見せられないですね…」
    「そうよ、だから普段もアポロは誘わないの。…乙女の戦いはまだまだ続くんだから、力をつけなきゃ」
    「そうですね、体力はいくらあってもいいと思います。なんせ地獄までついていくんですから!」
    指先についた果汁をぺろりと舐めて、メルルが悪戯っぽく微笑んだ。
    「ちょ、からかわないでよ…!」
    口の端にチョコソースをつけたまま、エイミは赤面した。

    行動的で、てきぱきしてて。なのにどこかかわいらしい人。なんて愛しい乙女だろう。彼はきっとあなたを好きになる。

    手折れそうなほど儚げなのに、そのじつ、とても芯の強い子。
    なんて麗しい乙女だろう。彼はきっとあなたを好きになる。

    甘味の暴風吹き荒れるなか、互いの恋の成就を祈る。

    それは、くじけてしまいそうな自分との戦い。不確かな未来をどうか彼と共にありたい。その気持ちが折れてしまいそうなとき、同じ空の下に戦友が居ると思えば、また立ち上がれる気がする。



    「もう、一生分ベリーを食べた気がします……」
    「チョコレートは当分視界に入れたくないわ……」
    夕陽を背に浴びながら、2人はヨロヨロと城に向かって歩く。
    「カールにはいつまで?」
    「図書館で調べ物をするので、数日後の出発だと思います」
    「そう。こっちは明日の昼には発つ予定だから、またしばらくお別れね」
    「……がんばりましょうね」
    メルルが空に拳を突き上げた。慎ましやかな彼女らしくない仕草は少し不格好で、しかし力強かった。
    「ええ、また会う日まで」
    エイミもまた拳を突き上げ、長くなっていく影を重ねた。




    Tap to full screen .Repost is prohibited
    🍰☺👏💖🍰🍰
    Let's send reactions!
    Replies from the creator

    related works

    recommended works