ポイパスで広告非表示!

犬神

ポイパスで広告非表示!  
ポイパスで広告非表示!  

sainokawarasoba

メモ犬神ル様×人間のフォンの設定【ルシフェル】(器:犬神)
元は天使だったが、交戦の最中天界から落ちて、記憶をなくしてしまった。その強い魔力や腕力から、元いた地域で化け物として迫害を受け、逃げ込んだ先が平安時代後期のこの国であった。逃げ込んだ先でも陰陽師に追われて最終的に犬神の器に封じ込められる。あまりに力が強すぎるので、祠くらいでは抑え切ることができずに立派な神社を設けてそこに祀られるようになった。彼の怒りを収めるためにと、代々宮司の血縁を捧げられていたが、人を食べる気にはならず。突っ返し続けていたら力を失って、うっかり子犬にまで堕ちてしまった。途方にくれて歩いていたところ、今まで見てきた誰よりも魅力的なサンダルフォンと出会い、拾ってもらう。「贄」として食うこともできるが、サンダルフォンを番としたいので、末永く側にいてもらうために、必要な時に必要な霊力の供給(キス等)をして、一瞬取り戻した力で彼に降りかかる妖魔を悉く打ち払う。


【サンダルフォン】
代々続く犬神を祀る神社の宮司一族、その最後のひとり。父親が跡取りとなるはずだったらしいが、母親と海外に駆け落ちして、挙句の果てに事故死してしまった。母親も病死して天涯1066 文字
ポイパスで広告非表示!