Recent Search
    Once you create an account, you can search by tags and keywords
    Sign Up, Sign In
    - or -

    リツカ

    Hide ads with PoiPass!  

    tg2025317

    DONEオベロン王子と男装リツカ王子(♀)のオベぐだ♀。上の続きです。二人が王子様としてもちゃもちゃする。捏造しかないので何でもよい人向けです。
    ・二人が王子様やってる
    ・ぐだちゃんが男装
    ・アルトリアもお姫様やってる
    ・設定が捏造かつ複雑
    中 二国の決裂

    多少のイレギュラーはあったものの、東国のリツカ王子の成人と誕生を祝うガラは恙無く終わった。
    学友同士募る話があると言い訳を並べて、お開きになった後に二人はバルコニーで夜風に当たっていた。
    「助かったよ。ありがとうオベロン」
    「やぁ、なに。大したことではないさ。僕も相手はいなかったからね」
    役得だったさ、とウインクをするオベロンにいつもならそういうのは冗談でも言うなと睨んだリツカだったが、今日は笑って「私も可愛い子の手を最初に取れて良かったよ」と笑った。口調もどことなくいつもより柔らかだ。
    「お酒を飲んでいたけど、大丈夫かい?」
    「大丈夫、少しだけだし…しかし夜風が気持ちいね…」
    「本当に大丈夫だろうね?」
    風が吹ゆいて二人の髪を揺らした時、ゴゥン…と鈍い音が響き始めた。城のカンパニーレから響く鐘の音である。リツカはそれまで目を垂れさせていたが、その音が耳に入ると、たちまち眉根を寄せた。
    11674
    Hide ads with PoiPass!  
    Hide ads with PoiPass!