かほる(輝海)

@kahoru1010

テキストは個人的に作られた非公式のものです。
原作者様・出版社様・版権元様とは一切関係ありません。
無断転載・複製・複写・インターネット上への掲載(SNS・ネットオークション・フリマアプリ含む)は禁止します。

(えろメインの)字書きです。
絵はアイコンレベル。
小説画像メイン。
時々趣味のアイロンビーズやハンクラ作品を投稿。
18歳未満はフォロー非推奨。

シティーハンター(獠香)
逆転裁判(ナルマヨ)

いつもリアクションありがとうございます(*´ω`*) 
単純な人間なので、反応があると嬉しくて、また次の作品を書く励みになります。

ここの使い方→https://poipiku.com/76184/1140783.html
まとめとか→https://www.pixiv.net/member.php?id=24705905
生存確認→https://pawoo.net/web/accounts/593839
ここでは投稿できない長さの話→https://galleria.emotionflow.com/79737/
通頒とか→https://zr-7blue.booth.pm/
マシュマロ→https://t.co/Kl7e0CkoNG

☆こっそりフォロー
ポイポイ 295

かほる(輝海)

できたシティーハンター
冴羽獠×槇村香
原作終了後だけど、関係性はプラトニックでも一線超えてても、どちらでも可。

香ちゃんが編むマフラーにソワソワする裏世界ナンバーワンの男😂
ある日、散歩から帰ってくると、香がリビングで編み物をしていた。平面で長方形の形をしたそれは、マフラーに見えた。

 香は、手芸が得意だ。俺を模したマスコットやストレス解消用の人形なんかも作っている。服やズボンに穴が開いたとしても、縫って修理をしては使い続けている。そういや槇村も、穴の開いた靴下を繕って履いていたっけな……。いくら俺が「貧乏くさいから止めろ」と言っても、「直せばまだ履ける」と、頑なに言って聞かなかった。兄妹揃って、ものを大切に使うと言うことは、身に染み付いているらしい。

 そんな香のことだから、別にマフラーを編んでいても驚くことはないのだが、問題はその色とサイズだ。太めの毛糸でザクザクと編まれたマフラーは、やや幅が広い。しかも、色が鶯色と来たもんだ。……これ、どう見ても男物のマフラーだろ。
 だが、残念なことに俺はマフラーを使わない。首の辺りがチクチクするから嫌いなんだ。一体お前は、誰にマフラーを編んでいるんだ……?
「あ。おかえり」
 香が手元から顔を上げて、俺に声をかけた。今、俺に気づいたわけでもねぇのに、わざとらしく言うところが何とも腹立たしい。
「……おぅ」
 そのマフラーを、どうするつもりなのか。それを聞きたいのに、どうしても言えない。答えを聞くのが、怖い。別に香が誰に手編みのマフラーをプレゼントしたって構わないのだし、俺に止める権利はねぇ。そもそも、誰のために編んでいるのか、俺が知る必要はねぇし、香だって話す必要はない。まさか、俺がつけないのを承知で俺に……ってことはねぇよな。それはさすがに申し訳ない。
「それ……」
 これだけ考えて口から出てきたのは、その一言だけだった。
「あぁ。あんたのじゃないから。安心して」
 香はぶっきらぼうにそう答えると、また針先を見つめ、黙々と編み出した。
「……そうか」
 香は一目一目、毛糸を針に掛けては引き抜いていく。それの繰り返し。マフラーなんて買えばいいのに、わざわざこんな手間をかけて編むなんて、よほど思い入れがあるらしい。そうなると、いったい誰にプレゼントするつもりなのか、余計に気になってしまう。俺はズボンのポケットに両手を突っ込んだまま、香の作業を見つめていた。
 一段編み終わり、軽く目を扱いて均すと、香は針を持ちかえた。
「今までずっと、辛いときも悲しいときも、あたしと一緒にいてくれた人にね。あげるの」
 香はまた毛糸を指に掛け、新しい段を編み始めた。

 辛いときも、悲しいときも、香と一緒にいた男……? 俺以外に、そんな男がいたと言うのか……? 一体誰なんだよ! そいつは!
 俺が問い詰めれば、きっと香は答えてくれるだろう。だが、香も、送る相手をはっきりと言いたくはなさそうだった。
 編み終わったところを眺めては満足そうに微笑み、その男が身につけているところを思い浮かべながら、編み終わった長さを測っている香を見ていたら、俺は何も言えなくなってしまった。

 数日も経てば、マフラーは着々と長くなって行った。マフラーが長くなるに連れ、俺のイライラは募る一方だった。あれが完成したら、香はその男にマフラーを届けに行くのだろう。もしかしたら、そのままその男と一発なんてことも……。俺はブルブルブルと頭を振り、最悪な妄想を頭から追い出した。女が男へ手編みのマフラーをやるなんて、よほど好きじゃないとできねぇよ。だから逆に、それを受け取る男の立場なら、その気持ちに応えたいと思うのは当然のことだろう。少なくとも、俺ならそうする。「その日」がどうしても来てほしくなかった俺は、針を片方だけ隠してみたり、編みかけのマフラーが入っていたカゴを移動させてみたりした。だが、香はどこからかきちんと見つけてきては、マフラーを編み進めていた。

 そんな俺と香の攻防も、すぐに終わりを告げた。ベランダの物干し竿に、編み終わったマフラーが吊り下げられていたのだ。今すぐこのマフラーを毟り取って捨てちまえば、相手の手に届くことはない。そんな最悪なことを思いながら、干されていたマフラーへ手を伸ばすが、すんでのところで俺の手が止まった。あれだけの手間と時間をかけて、しかも俺の妨害工作を乗り越えてまで香が仕上げたマフラーだ。結婚式の時の海坊主じゃねぇが、「ひと目ひと目、指が突き刺されるような思い」が伝わってきちまうのだろう。そんな、俺以外の誰かへ向けられた想いなんて、触れたくもねぇ。俺は手を引っ込めた。
 ……そうなると、後は香が届けに行くところを尾行するしかねぇ。俺は香の様子に細心の注意を払っていた。だが、マフラーが物干し竿から回収された後も、香は動く気配を見せなかった。まさか、俺の目を盗んでもう届けちまったのか……⁉

 悶々としながら、俺は数日過ごしていたが、ひょんなきっかけでその心配は杞憂だったと知った。香のプレゼント相手を偶然見つけちまったんだ。……それも、香の部屋で。
 俺を模して作られた、ストレス解消用の獠ちゃん人形に、香の編んだマフラーが巻かれていた。人形だから表情なんて変わるはずはねぇのだが、どこか嬉しそうに見えやがる。確かにお前は、香が辛いときも、悲しいときもそばにいたな。
 俺は、マフラーを手に取った。柔らかな毛糸で編まれたマフラーは、しっとりと俺の肌へ馴染んでくる。触れているだけで、指先がじんわりと温まって行くような気さえする。
「今度、俺に貸してくれよな」
 果たして、袖捲りをしたヨレヨレのコート姿に、このマフラーは合うのかどうか……。いきなり俺がこのマフラーを巻いて現れたら、香も驚くだろう。その瞬間を楽しみにして、俺は香の部屋を後にした。

   了2343 文字

かほる(輝海)

できたシティーハンター
冴羽獠×槇村香
原作レベルでも原作以上でも。

例のマフラーについての捏造話。
『……これ、お前にやるよ』
 遡ること数週間前、あたしはリビングで突然、獠に紙袋を押し付けられた。中を覗くと、黄色いマフラーが入っていた。これってまさか、獠からのプレゼント……? でも、その日はあたしの誕生日でもなければ、クリスマスでもなかった。
『どうしたの、これ……』
『キャバレーの福引で当たったんだ。どうせ俺は使わねぇしな。気に入らないなら捨ててくれ』
 獠はそう言い残して、リビングを出ていった。

 あたしのために選んでくれたわけでもなく、邪魔なものを押し付けられただけ。ほんの数十秒前までは、喜びで満ちていたあたしの心が、急激に冷えていった。それでも、獠がくれたものだし、捨てるのも忍びなく……。なんだかんだ言って、獠があたしへ初めてくれたプレゼントでもあったし、あたしはそのマフラーを大切に使うことにした。

 しばらくして、あたしはそのマフラーを身に着け、キャバレーへツケを払いに行った。ママへ直接マフラーのお礼を伝えたら、怪訝な顔をされた。
『そんな福引、うちの店ではやってないわよ。よその店の間違いじゃない……?』
 いや、聞き間違いは無いはずで、獠は確かにここの店だと言っていた。だから、あたしはツケを早く精算しなきゃと思い、お金のやりくりをしたの。狐につままれたように、ママと二人して顔を見合わせていたら、そこのお店に在籍している娘が、いきなり素っ頓狂な声を上げた。
『あぁっ! そのマフラー‼』
『えっ? 何? 何か知っているの⁉』
 あたしは興奮気味に、その娘を問い詰めてしまった。

 聞けば、その娘が新宿駅の西側にある百貨店で買い物をしていたところ、婦人雑貨の売り場で獠を見かけたんだって。何を見ているのかが気になり、遠巻きに獠を見ていたら、獠がマフラーを選んでいたらしいの。店員さんは流行りの色のマフラーや、目にも鮮やかな真紅のマフラー、それにオーソドックスなチェック柄のマフラーを色々と獠に勧めていたそうよ。獠は勧められたマフラーを手にとって確かめ、何度か会計をしようとレジまで向かったけれど、その度に引き返してはこのマフラーの前へ戻ってきていたらしい。この、赤と橙のストライプが入った黄色のマフラーに。その娘が小一時間ほど買い物をして、帰り道に婦人雑貨売り場へ戻ってみたら、獠はまだ悩んでいたらしい。獠が見ていた棚には、手袋やストールなど、店員さんが勧めたらしいものが、いくつか置いてあったそうよ。でも、じっと見つめている先にあったのは、このマフラーで……。片手でむんずと掴むと、やっと会計に向かったらしいわ。

 家に帰ったあたしは、マフラーを外すと、ハンガーへ掛けた。このマフラー、獠がそんなに悩んで選んでくれたマフラーだったんだね。でも、どうしてこのマフラーだったのか考えてみたら、何となく理由が見えてきた。
 あたしの好きな色は、金運アップの黄色。それからいい依頼と出会えるよう、最近は橙のシャツを身に付けていることが多かった。一度、獠と一緒にキャッツへ行ったときに、そんなことを話した覚えがある。獠はそれを覚えていてくれたんだね。そんなあたしの好きな色に寄り添ってくれるのは、獠のシンボルカラーでもある赤色。このマフラーは、獠とあたし、そのものだったんだ。

 恥ずかしかったのか何なのか知らないけど、このマフラーをあたしへプレゼントすることは、よほど難しかったらしい。でないと、そんなバレるような嘘なんてつかないよね。素直に言ってくれたら、あたしも素直に喜べたのに……。
 それでも、獠がいろんな思いを込めて選んでくれた、初めてあたしにくれたプレゼントだから、このマフラーは大切にしたい。
 あたしはフリンジに指を絡めて、そこへ残る温もりを噛み締めていた。

   了1560 文字

かほる(輝海)

できたシティーハンター
冴羽獠×槇村香
原作以上の関係

新聞でとある記事を読んだら、急に滾ってきた(*´ω`*)

いくつになっても手をつなげる人がいるってのは幸せだよね。
冬の足音が聞こえ始めた、新宿の街。街路樹の銀杏も黄色く色づき始め、冬支度を始めていた。
 朝もめっきりと寒くなり、いつもは早起きの相棒も、俺の懐へ潜り込んでは束の間の二度寝を楽しむようになっていた。うっかりそのまま香が寝入っていたら、遠慮なく俺が「朝の運動」へ誘っていたのだが、最近は少し学習したらしい。ウトウトした後に慌てて飛び起き、慌ただしくベッドから逃げ出していくことがほとんどだった。
 午前中はダラダラと過ごし、午後の伝言板チェックへ出かけた香から少し遅れて、俺は家を出た。吹き付ける北風は、頬を切るような冷たさだ。つい俺も、両手をポケットへ入れたまま、背を丸めて歩いちまう。顔を上げようにも、街を行くもっこりちゃんは、あからさまに露出度も下がり、ちっとも目の保養にならねぇ。ここは温かな飲み物でも飲みながら、ついでに冷えた身体を温め合うのが一番いい。……となれば、まずは相手を探さなければ!
 俺はもっこりが立ち上がるかの如く顔を上げ、辺りの女を物色し始めた。
『あっ! りょぉーっ!』
 遠くから名前を呼ばれたような気がするが、あえて聞こえないフリをする。早くもっこりちゃんを見つけて、身を隠さねば……!
「やっぱり獠だ!」
 息を弾ませ俺のもとへ駆け寄ってきた女――香が、ポケットに突っ込んでいた左腕を、ぐいと引っ張った。
「ぁんだよ。ボキちゃんは今、忙しいの」
「どうせナンパが忙しいんでしょ? ちょうどいいわ! 付き合って!」
 香は俺の引き、駅とは反対方向にある繁華街の方へ向かって歩き始めた。
「ひょっとして香ちゃんがボキちゃんのお相手をしてくれるのかなぁ……? ぐふふ♪」
「ちょっと、勘違いしないでよ! 買い物の荷物持ちよ!」
「へ……?」
 そんなのはまっぴらゴメンだと、俺は香の手を振り払った。
「ちょっと待った! どうして俺が……!」
「今日は醤油と味噌とお米とトイレットペーパーを買いに行くの! もうこれで三ヶ月も依頼がないのよ! 毎日だらだらしてないで、少しは家のために働いてもらいますからね!」
 香は俺が話しているのに遮り、なおかつ早口で捲し立てる。その勢いに押され、俺は反論を飲み込んだ。俺が黙り込んでいたら、香は俺が納得したと思ったのか、腰に手を当てニンマリと笑ってみせた。
「わかればよろしい」
 ここで逃げ出そうもんなら、さらにハンマーが飛んでくるに決まっている。無駄な抵抗はしないほうが得か……。諦めた俺は、再びポケットへ手を突っ込み、目的地へ向かって歩き出した。
 あぁ。行き先はわかってたさ。いつもの香の行きつけの店だ。繁華街にある飲食店向けの業務用スーパーに行くところだったのだろう。あそこは駐車場が無いから、車では行けない。親切な店のオーナーは、香一人では大変だろうからと配達を申し出てくれている。だが、俺たちの家に出入りすることで、俺たちの命を狙う輩に目をつけられては大変だと、香が断ってるのだ。『だから、獠ちゃんも来てくれよ! あれだけの荷物、香ちゃん一人じゃ大変だぞ!』おせっかいなオーナーは、俺に釘を刺してもいた。まったく、この街の奴らはどうしてこうも香に甘いのかねぇ……。
 歩いていた俺の左腕へ、香が腕を絡ませてくる。腕に触れる胸の感触が、コート越しに伝わる。柔らかくて温かな、その肉の塊。反射的に腹の底がもぞもぞとして、落ち着かなくなった。
「おい……」
「いいじゃない、たまには。どうせ帰りは繋げないんだし」
 何も知らない香は、さらに俺へ身体を寄せてきた。女豹のようにしなやかな女の身体が、俺に触れている。ぐぐっと頭を擡げ始めたもっこりを、鋼鉄の理性で押さえ込み、俺は何食わぬ表情を顔へ貼り付けた。だが、このままじゃ、埒が明かねぇ……!
「チッ……」
 俺は舌打ちとともに、組まれていた香の腕を解いた。一瞬、香は呆然としていたが、その右手を左手で掴むと、香の手ごとポケットへねじ込んだ。
「邪魔だ……」
「そう」
 香は素直に、俺のポケットから手を抜こうとした。だが、逃げようとする香の手を、俺はポケットの中で握り締めて離さなかった。
「素直じゃないのね」
「うるせぇよ」
 素直になっちまったら、この先の二つ目の角を曲がった「だーれも入って来ない袋小路」か、一本向こうの通りにある「なぜかベッドとシャワールームがある非合法の個室の喫茶店」に行くしかねぇんだよ。それを言っちまったら、確実に天誅が下されるだろうな。
 香と歩調を合わせて歩いていると、自然と顔が上がってくる。あれだけ丸めていた背中も、いつの間にか伸びていた。見上げた空は、青かった。あぁ、今日はいい天気だったんだな。
「邪魔?」
 香はまだ、俺の一言を引きずっていたらしい。その証拠に、香は俺の手を握り返しては来なかった。
「んにゃ」
 俺が前を向いたまま短く答えると、やっと香が俺の手を握ってくれた。ポケットの中が、急にサウナのように暑くなる。

 つい気っ恥ずかしくて「邪魔」なんて言っちまったが、そんなことはねぇよ。これが俺の利き腕でもある右腕へ絡んできていたなら話は別だが、お前は最初っから俺の左腕へ来てくれていたじゃねぇか。何かあったら、俺がすぐ対処できるように、な。意識的にそうしたのか、無意識なのかは、俺も知らん。だが、左手なら、お前にだけなら、許してもいい。
 生きるためとはいえ、いくらこの手で人を殺めようと、どれだけの人を傷つけようと、香は俺と手を繋いで歩いてくれる。きっと、これからも。そして、今際の際も。香は俺の手をとり続けてくれるのだろう。こうして手を繋いで歩いてくれる人がいる幸せを噛み締めながら、俺は慌ただしく人が行き交う雑踏を歩き続けた。


   了2364 文字

かほる(輝海)

できたシティーハンター
冴羽獠×槇村香
原作以上の関係

ワードパレット
13.水星
目線/薬/水曜日
今日、水曜日はドラッグストアの特売日。あたしはチラシの隅々にまで目線を走らせ、買うものをピックアップしていった。消毒薬、ガーゼ、包帯、綿球、絆創膏……。あってもあっても、足りやしない。だから、安いときにまとめて買いだめをしなきゃ。使用期限なんて気にしない。だって、ほとんど使い切っちゃうもの。
 目星をつけたものをメモして、チラシを畳もうとしたら、ある商品にあたしの目が釘付けとなった。
「ロー、ション……? 潤いを、補う……?」
 使ったことが、ないわけじゃない。獠がどこかから仕入れてきて、お風呂場で使ったの。……後の掃除がとっても大変だったから、使用禁止にしたけれどね。
 確かにあれはぬるぬるしているけれど、潤いとは少し違う気がする。獠の使い方は、正しい使い方とは違うのかしら……?
「おまぁにはいらねぇだろ? いっつもシーツがお漏らししたみたいに……ぐへぁ!」
 いきなり背後霊のように現れた同居人を、あたしは黙ってハンマーで叩き潰した。結局その後も、ローションの正しい使い方はわからず仕舞いだった。

   了461 文字

かほる(輝海)

できたシティーハンター
冴羽獠×槇村香
奥多摩後

ワードパレット
16.火星
歩道橋/幻/陽炎
陽射しが強く、陽炎が立つほどに暑かった、とある午後。俺はフラフラと歩道を歩いていた。何か楽しいことはねぇかな〜と思った次の瞬間、俺の視線が少し先にある歩道橋へと釘付けになった。あれは、幻か……? 歩道橋の階段からむっちりとした女の尻が「生えている」。タイトなミニスカートに浮き上がる丸みを帯びたラインと、そこにわずかに浮き上がる谷間の筋が堪らない。よくよく見てみれば、女は歩道橋の階段に足を掛けて、靴紐を直しているようだった。俺はダッシュで駆け寄り、その尻へ飛びついた。
「もっこりヒップのお姉さぁん! ボキちゃんとデートしよぉ!」
「えっ? 獠っ⁉」
 女が振り向いた瞬間、俺の顔が引き攣った。もっこりヒップの持ち主は、香だった。
「げっ……!」
 俺が空中で身体を反転させるよりも早く、香が使い慣れた相棒を召喚した。
「ついに見境がなくなったか! このもっこり変態がぁぁ!」
 振り下ろされたハンマーは、きれいに俺の後頭部を捉え、俺は轟音とともに地面へめり込まされた。うーん。香の尻に飛びつくなんて……。俺、もう我慢の限界かも……。

   了474 文字

かほる(輝海)

できたシティーハンター
冴羽獠×槇村香
原作以上の関係

獠と香ちゃんが好きなかほるさんには「ほら、目を閉じて」で始まり、「ここが私の帰る場所」で終わる物語を書いて欲しいです。できれば3ツイート(420字)以内でお願いします。
#書き出しと終わり #shindanmaker
https://shindanmaker.com/801664

だって、好きなんだもん(*´艸`*)
しょうがないよね😂😂
「ほら、目ぇ閉じろよ」
 いくらキスをするときは目を閉じるのが礼儀でも、それはできない。真っ昼間の明るい獠の部屋で、なぜか獠に押し倒されているあたしは、獠を睨みつけていた。今、この状況で目を閉じてしまったら、それは同意として取られてしまうに違いない。それだけは嫌だ。まだ、昼から伝言板を見に行かなきゃいけないし、ビラ配りもしたい。あんたとここでもっこりが始まっちゃったら、それが全部できなくなる。
「つまんねぇ意地張ってると、襲っちまうぞ?」
「最初からそのつもりのくせに!」
 両手で押し退けたって、獠の身体はびくともしない。首筋にキスをされたら、力が入らなくなる。
 どうしてこの男は、いつもこうなんだろう。そんなに心配しなくても、あたしはもう、他に行く場所なんてないのに。あたしが愛しているのは、獠だけ。毎夜毎夜、そう言ってるじゃない。あたしはずっと、獠のそばにいる。夜になれば、あたしは必ずここへ帰ってくるわ。だって、ここがあたしの帰る場所だもん。

   了434 文字